スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 行政改革課 >  道政改革の実施方針


最終更新日:2014年8月11日(月)

道政改革の実施方針


実施方針の策定に当たって



 道では、平成7年8月、道政運営全般にわたる改革課題や改善方策について調査審議し、提言を受けるため、民間の有識者などからなる「道政改革民間フォーラム」を設置するとともに、庁内に「道政改革推進本部」を設置し、道政改革への取組みに着手した。
 同年12月の民間フォーラムからの「道政改革の基本的考え方」の提言を受けて、平成8年2月、道政改革を進めていく上での指針となる「道政改革の基本方針」を策定するとともに、同年5月以降、この基本方針に基づき全庁で実施した「事務事業総点検」の結果や同年8月の民間フォーラムからの「道庁の組織機構のあり方に関する提言」などを踏まえて、同年9月に道政の執行体制の枠組みづくりを中心とした「道政改革の実施方針」を策定し、この間、実施方針に掲げた各推進事項の実現に向け着実な取り組みを進めてきている。
 さらに、平成9年3月末の民間フォーラムからの「道庁の行政運営のあり方に関する提言」などを踏まえて、より質の高い政策形成と、公正で透明な道政を進めるための仕組みづくりを中心として、その取り組むべき改革の課題と推進事項を明らかにした新たな方針を策定した。
 この度の実施方針は、平成8年9月の実施方針と密接な関連を有することから、それぞれが相俟って十分な効果を発揮するよう、一体的に推進していくこととする。
 なお、これら改革の実効性をより高めていくため、その推進にあたっては「不祥事の再発防止のための改善プログラム」の確実な実施に努めるとともに、平成8年5月の民間フォーラムからの「道職員の倫理確立と意識改革」に関する提言の趣旨も十分踏まえつつ、道民の方々をはじめ、市町村や関係団体などの理解と協力を得ながら、全庁を挙げた取り組みを進めていく。


基本的な考え方 

道政改革の実施方針 

実施方針の推進管理