スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 行政改革課 >  平成28年度政策評価の実施状況について


最終更新日:2017年7月06日(木)

 

平成28年度政策評価の実施状況について


 

道が実施した政策評価(基本評価(施策評価及び事務事業評価)、特定課題評価、公共事業評価)の結果をとりまとめました。

政策評価は、知事が定めた基本方針に基づき各実施機関が実施方針を策定し、一次政策評価を実施するとともに、道政の統一性の確保や総合的な推進を図る観点から知事による二次政策評価を実施しています。

 

※基本方針:政策評価の実施に当たって指針となるべき事項(知事が策定)

※実施方針:基本評価、公共事業評価、特定課題評価の実施に係る方針(実施機関が策定)

平成28年度政策評価基本方針・実施方針

 

1 基本評価の結果評価調書

 

【概  要】

北海道総合計画の政策体系に沿って、重点戦略計画などに関連する施策と一体的に推進を図るとともに、限られた行財政資源を最大限に活用し施策目標を実現するため、目標・指標などの具体の根拠に基づき、106の施策(2,685事務事業)について点検・検証し、今後の施策展開の方向性などを整理しました。

 

1 施策評価

(1) 一次評価の結果

施策に設定した成果指標の達成状況を把握した上で、施策の全体分析により目標の達成に向けた今年度の進捗状況について点検・検証し、評価しました。

 

・評価結果

総合計画の政策目的の実現に向けて推進する106施策(重複分を含めた156施策)

施策数

目標の達成に向けた今年度の進捗状況

概ね順調に展開

課題等はあるが引き続き推進

遅れなどがあり改善が必要

106

67

39

 

・施策に設定した成果指標の直近の実績値に基づく達成状況(上段:構成比/下段:指標数)        

(100%以上)

(90%以上

100%未満)

(80%以上

90%未満)

(80%未満)

判定不可

(実績未確定)

52.2

(140)

15.7

(42)

3.4

(9)

16.0

(43)

12.7

(34)

100

(268)

 

(2) 二次評価の結果(今後の取組の方向性など)

一次評価の結果について、実施方針に示す重点的な視点に基づく徹底した点検・検証を行い、目標の達成に向けて検討が必要な46の施策に意見を付し、今後の取組の方向性などを個別に整理しました。

意見付加

施 策 数

施策目標の達成状況

施策間の連携状況等

施策の緊急性、優先性

目標達成に向けてさらなる取組が必要な施策

関連する施策間・部局間で一層の相互連携が必要な施策

緊急性が高く、優先的に取り組む必要がある施策

新たな課題等への対応が必要な施策

46

(重複除く)

 

31

13

13

一次評価「課題等はあるが引き続き推進」の39施策のうち必要と認められる施策に意見を付加

 一次評価を行った106施策のうち必要と認められる施策に

 意見を付加

 

  (3) 二次評価意見への実施機関の対応状況(H29.3末時点)

  

        平成28年度施策評価・二次政策評価意見への対応

2 事務事業評価

(1) 評価結果と反映結果

区  分

見直し

検 討

継 続

 

廃止等

合 計

現状維持

拡 充

縮 小

統 合

評価結果

111

2,487

1,814

127

541

5

87

2,685

 

 

施策を構成する

事務事業数

110

2,024

1,458

117

444

5

78

2,212

反映結果

      -

        2,581

        1,653 

         245 

669 

14 

104 

2,685 

 

(2) 重点点検事項

成果指標の達成状況や前年度に二次政策評価意見を付した事務事業の検討状況などについて点検・検証を行い、169の事務事業について、必要な見直し等の検討を進めることとしました。

        (3) 二次評価意見への実施機関の対応状況(H29.3末時点)

       平成28年度事務事業評価・二次政策評価意見への対応

 

2 特定課題評価の結果評価調書

 

【概  要】

「基金のあり方」をテーマとして、基金事業の必要性・有効性や基金方式により実施する必要性などについて 点検・検証し、今後の方向性を整理しました。

 

(1) 評価結果

区分

基金名

方向性

評 価

取崩し型基

循環資源利用促進税基金

基金継

現状維

国民健康保険広域化等支援基金

基金廃

事業廃

実運用型基金

北方領土隣接地域振興等基金

基金継

現状維

環境保全基金、少年スポーツ振興基金、

地域福祉基金、文化基金、

中山間ふるさと・水と土保全対策事業基金、

農業・農村ふれあい基金、

森林整備担い手対策基金

見直し検

定額運用基

市町村振興基金

基金継

規模縮

 

(2) 評価意見

基本評価等専門委員会からの意見を踏まえ、8基金について、必要な見直し等の検討を進めることとしました。

 

 

3 公共事業評価の結果
(詳細・調書等→H28事前評価 H28再評価

 

【概  要】

・平成28年度公共事業事前評価は、道が実施する公共事業(国庫補助事業等)の施工地区のうち、平成30年度の国費予算要望などを予定している事業費が10億円以上の28地区について評価し、すべての地区において要望を行うことは妥当としました。

 (注:事前評価は、毎年2月に評価を開催し、6月に結果を取りまとめることから、ここには平成28年度の評価結果を記載しています。平成29年度の事前評価は、平成30年2月以降に実施します。)

・平成28年度公共事業再評価は、道が実施する公共事業(国庫補助事業等)の施工地区のうち、事業採択後、未着工や長期間が経過している地区及び事業費に大幅な変更が生じた地区33地区を点検し、32地区ついて継続、1地区について中止としました。  

 

評価結果

 【事前評価】

 

評価実施地区

評価結果

要望は妥当である

要望は妥当でない

28

28

 

 【再評価】

評価実施地区

評価結果

継続

休止

中止

終了

33

32