スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 原子力安全対策課 >  ◇新規制基準適合性審査について(29.09~)


最終更新日:2017年10月02日(月)

新規制基準適合性審査等

泊発電所に関する新規制基準適合性審査の状況等についてお知らせしています。

新規制基準適合性に係る審査状況

  北海道電力(株)は、泊発電所(1・2号機及び3号機)について、東京電力(株)福島第一原子力発電所の事故の反省や国内外からの指摘を踏まえ策定された新規制基準への適合性の審査を受けるため平成25年7月8日、原子炉設置変更許可等の申請を行いました。これまでの北海道電力(株)の新規制基準適合性の審査状況や安全対策に係る取組みについて、次のリンク先からご覧いただけます。

〇北海道電力(株)のホームページへ

  ⇒ 泊発電所の安全対策

  ⇒ 泊発電所の原子炉設置変更許可申請等

〇原子力規制庁のホームページへ

  ⇒ 新規制基準の概要

  ⇒ 適合性審査(1・2号機、3号機)の状況


福島第一原子力発電所の事故を踏まえた泊発電所の安全対策(平成25年6月末まで)


原子力安全アドバイザーについて

  原子力発電所の安全対策については、内容が専門的で難解な用語も多いことから、道では、事業者や原子力規制委員会による説明等に関し、道に対して専門的な助言をいただくため、安全対策等に関し知見を有する専門家を「原子力安全アドバイザー」として依頼しています。泊発電所の安全性に関しては、現在、原子力規制委員会において新規制基準への適合性について審査が行われており、道では、今後の審査等の課程において、原子力アドバイザーから助言をいただくこととしています。

 ⇒ 原子力安全アドバイザー会合の開催状況