スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 法務・法人局法制文書課 >  文書への公印の押印について


最終更新日:2015年2月18日(水)


文書への公印の押印について


文書への公印の押印について     

 

 北海道では、事務の簡素化を図り、平成21年10月1日から施行文書には、次のものを除き、公印を押印しないことしています。

  単なるお知らせ、行政調査(アンケートなど)の依頼、道への照会に対する回答などには、公印を押印しておりませんので注意願います。

 

公印を押印する文書

○法令の規定により公印を押さなければならないもの

○知事又は権限を有する者がその権限を行使するため施行するもの

○不服申立てに関するもの

○その他公印を押さざるを得ない特別な事情があると認められるもの
契約書、命令書、委任状、許可書、証明書、表彰状など