スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 労働委員会事務局 > 総務審査課 >  北海道労働委員会 組織概要


最終更新日:2016年7月27日(水)

労働委員会の組織概要


  委員会の構成

 労働委員会は、学識経験者などの公益委員、労働者を代表する労働者委員、使用者を代表する使用者委員の三者からなり、それぞれ7人、計21人の特別職非常勤の委員で構成されています。

 
  委員の任期

 委員の任期は、2年です。ただし、委員が任期途中で退任した場合、後任の委員の任期は、前任者の残任期間となります。また、委員は、再任されることができます。

 



  事務局組織

 労働委員会の事務処理を行うため事務局が設置されており、会長の指揮を受けて労働委員会の事務を処理します。
 北海道労働委員会では、事務局長以下、総務審査課、調整課が設置されており、それぞれ次のとおり事務を分担しています。


総務審査課

 (総括グループ)
  • 企画及び総合調整に関すること。
  • 総会、公益委員会議、連絡会議及び協議会に関すること。
  • 予算の経理その他財務に関すること。
  • 労働経営事情等の調査、資料の収集、作成及び保管に関すること。
  • 広報に関すること。
  (審査グループ)
  • 労働組合の資格審査に関すること。
  • 不当労働行為に関すること。
  • 労働協約の地域的の一般的拘束力に関すること。

調整課

  (調整グループ)
  • 労働争議のあっせん、調停及び仲裁に関すること。
  • 労働争議の実情調査に関すること。
  • 争議行為の予告通知に関すること。
  (個別対策グループ)
  • 個別的労使紛争のあっせんに関すること。


労働委員会トップページ