家畜を飼養されている皆様へ

飼養衛生管理基準の改正について 平成23年10月1日スタート!

平成23年の宮崎県における口蹄疫の発生や、全国的な高病原性鳥インフルエンザの発生を踏まえ、家畜伝染病の発生の予防、異常発生時の早期の発見・通報迅速な初動対応に重点を置いた家畜防疫体制の強化のため、家畜伝染病予防法の一部が改正されました。

大切な家畜を伝染病から守るため、それに伴い改正された飼養衛生管理基準の遵守に積極的に取り組んでいただきますようお願いいたします。飼養衛生管理基準の改正のポイント及び詳細は以下のとおりです。


1 飼養衛生管理基準について

◆ ポイント 

  (1) 対象家畜の拡充

  これまで:牛、豚、鶏

  これから:牛、水牛、鹿、めん羊、山羊、豚、いのしし、
                        鶏、あひる、うずら、きじ、だちょう、ほろほろ鳥、七面鳥、馬

 (2) 衛生管理区域の設定と病原体の持ち込み防止

   衛生管理区域:農場の中で徹底した衛生管理が必要な区域その他の区域(家など)との境界を明確に示す。

  • 区域内への関係者以外の立ち入り制限
  • 区域内へ立ち入る車両・人の消毒(消毒設備の設置)
  • 必要がある場合を除き、他の畜産関係施設へ立ち入った人を、
    同じ日のうちに区域内に立ち入らせない
  • 他の畜産関係施設で使用した物は、洗浄・消毒してから持ち込む
 (3) 農林水産大臣が指定する症状が確認された場合の早期通報、出荷・移動の停止

 (4) 埋却地等の準備(馬を除く)

 (5) 入場者等の記録の作成及び1年間以上の保存

 ◆ 詳細

 飼養衛生管理基準本体(PDF

 畜種別の飼養衛生管理基準に関するパンフレット:
                                   牛ほか(
PDF) 豚ほか(PDF) 鶏ほか(PDF) 馬(PDF

 農場に出入する畜産関係者用リーフレット(PDF 農林水産省)

 農場向けリーフレット:牛(PDF 農林水産省) 豚(PDF 農林水産省)、鶏ほか(PDF 農林水産省)


 2 家畜の飼養に係る衛生管理の状況に関する定期報告について

◆ ポイント

家畜の所有者は、毎年家畜の飼養状況衛生管理状況等都道府県知事に報告することが必要です。

毎年2月1日時点での家畜の飼養状況を、定められた報告様式に記入し、提出いただくことになります。 

報告の方法は、最寄りの家畜保健衛生所にお問い合わせください。

◆ 詳細 

 定期報告書の様式(XLS

 ※定期報告書の提出に当たっての注意事項(PDF


3 農林水産大臣が指定する症状(特定症状)を示す家畜を発見した場合の届出について

◆ ポイント

口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザなどを疑うような、一定の症状を呈している家畜を発見した場合、獣医師・家畜の所有者は、都道府県へ届出が必要です。

届出の方法は、最寄りの家畜保健衛生所にお問い合わせください。

◆ 詳細 

 農林水産大臣が指定する症状(特定症状)(PDF) 

 ※農林水産大臣が指定する症状を定める告示(PDF

 

 参照:家畜伝染病予防法の改正について(農林水産省)

 


4 外国語リーフレットについて

◆ ポイント

口飼養衛生管理基準の主なポイントについて、外国語(英語・中国語)で作成されたリーフレットです。農場における衛生指導等にお役立てください(島根県作成・提供、一部改変)。

◆ 詳細 

 畜産農家の皆さんへ(牛編PDF:日本語英語中国語 鶏編PDF:日本語英語中国語

 
北海道農政部生産振興局畜産振興課   
電話:011-231-4111(内線 27-758)
FAX:011-232-1064