スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 生産振興局畜産振興課 >  死亡牛BSE検査見直し


最終更新日:2019年3月20日(水)


死亡牛BSE検査の対象月齢が変わります!


 農林水産省は平成31年3月14日、死亡牛BSE検査対象月齢をこれまでの「48か月齢以上」から一部変更するため省令を改正しました。

 北海道はこの改正を受け、平成31年4月1日から各都府県と足並みをそろえ、「すべての特定症状牛」、「48か月齢以上の歩行困難・起立不能牛」及び「96か月齢以上の一般的な死亡牛」についてBSE検査を実施します。

 農場、獣医師、死亡牛関連業者のみなさま、以下のリーフレットをご覧いただき、適正なBSE検査の実施にご協力ください。

農家・関連業者向けリーフレット      獣医師向けリーフレット



<参考>


(お問い合わせ先)
 農政部生産振興局
 畜産振興課(家畜衛生グループ)
 内線27-785
 (直通)011-204-5441