スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 農村設計課 >  由仁町由仁地区


最終更新日:2020年6月02日(火)


由仁町由仁地区


北海道中山間ふるさと・水と土保全対策事業の地域活動支援事業における取組
女性のパワーで町の魅力と地域力を向上!
(由仁町由仁地区)

■活動団体

WEAVE

 

■活動地区・団体の概要

 由仁町は、空知管内の最南端に位置し、総農家数395戸、耕地面積5,840haで、稲作、畑作、園芸を主体とする農業地帯である。

 由仁町は、町外から嫁いできた女性が多く、この女性たちの間から「町内に知人が少ないため、農家の友人をつくり情報交換したい」、「地域や農業のことがわからず不安なので、もっと知りたい」などの意見があったことから、普及センターが仲介役となって若手女性の会「WEAVE」を平成253月に設立した。会名の「WEAVE」は、「編む」、「織る」などの意味で、女性らしく丁寧に活動をしたいという思いが込められている。

会の目的は、仲間作り、地域や農業について知り、それによって地域に貢献することで、対象者は由仁町内の40歳以下の農業女性とし、年齢制限を設けることでメンバーの流動化を図っている。


活動地区・団体の現状と課題

1.年齢制限を設けているため、組織の維持には新規会員の確保が必要であるとともに、新規に由仁町に嫁ぎ入会した会員が、地域に溶け込み活躍できるようになるための継続的な研修が必要である。   

2.由仁町地域の価値や農的暮らしの魅力を再確認する気づきの場や、それらを発信していくためのスキル習得が必要である。

3.地域の食材を生かした料理や食文化を継承するために実習の機会が必要である。

4.特産品として開発した乾燥野菜の試験販売を開始するが、販売拡大に向けてパッケージングの検討や普及のためのPR活動、レシピの開発が必要である。また、衛生管理に関する知識の習得と徹底及び製造工程の効率化も必須である。

5.ハロウィンカーニバル来場者の満足度を向上し、由仁町の地域や農業の魅力をさらに多くの人に伝えて行くために、開催内容の充実と周知方法の改善が課題である。

 

■地域活性化に向けた展開方向・活動の目標

 下記の活動を通して、地域に仲間を作り、生産活動や地域貢献を通じた新たな生きがいの創造により、由仁町の地域やそこでの生活を豊かにしていきたい。

1.由仁町に町外から嫁に来た女性や就農し経営者を目指す女性が、地域の魅力を理解し、地域コミュニティに溶け込み、活き活きと農村生活を送るための素地となるべく、新規会員を募り、継続的に学習や地域貢献の活動を行う。

2.親世代から地域の食文化を継承するための実習の機会を設ける。

3.乾燥野菜という調理が簡単な形で野菜を提供することで、規格外野菜の活用と、栄養のある野菜の消費拡大を目指す。

4.乾燥野菜は、試験販売を通して、若手女性らしいセンスを活かしたパッケージングの改良や販売促進のためのレシピの開発、PR方法の改善等を行う。

5.乾燥野菜の本格製造に向け、衛生管理に関する知識の習得や製造工程の効率化を進める。

6.由仁町やそこでの農的暮らしの魅力、由仁産農産物の価値を消費者に発信していくために、町内外での販売活動を行うとともに、そのスキルやセンスを磨く。

7.ハロウィンカーニバルは、消費者交流や農産物販売の機会とするのみならず、近年高齢化や担い手不足の問題を抱える地域に、たくさんの人が訪れ、子育ての一助となる魅力ある地域づくりにつながるイベントとしていきたい。