スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 農村設計課 >  吉見アドバイザー(上ノ国町)


最終更新日:2019年8月06日(火)


吉見アドバイザー(上ノ国町)


北海道里づくりアドバイザー

氏名 吉見 俊彦(よしみ としひこ)
市町村名 檜山郡上ノ国町

■職歴(経歴)
 昭和52年 上ノ国土地改良区勤務
 平成26年 上ノ国土地改良区退職
 平成20年 北海道ふるさと・水と土指導員
 平成23年 再任委嘱
 平成26年 再々委嘱

■主な活動内容等
 1 景観保全と水路事故防止対策の一環として花の植栽活動
 2 生態系保全活動への協力(鮎、サケ、ホタル等)
 3 宮越地区水土里を保全する会の活動に対する指導・助言
 4 地域で収穫される食材を生かした活動への協力
 5 地元食材のPR活動等に参加協力

■中山間に対する思い・意見など
 自然環境を守るためには、地域づくり、人づくりが重要と思う。田舎といえば、高齢化、限界集落という呼ばれ方をされているが、なにもない中で創意工夫して生活を営んできた先人の知恵を拝借しながら、地道な活動が出来れば良いと思っています。
 ともすれば今は、すぐ効果が求められる傾向にありが、継続する根気と体力を持ち、末永い活動が出来れば良いと思っています。