スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 農村設計課 >  田中アドバイザー(七飯町)


最終更新日:2019年8月06日(火)


田中アドバイザー(七飯町)


田中いずみアドバイザー顔写真

北海道里づくりアドバイザー

氏名 田中 いずみ(たなか いずみ)
市町村名 亀田郡七飯町

■職歴(経歴)
 平成18年~平成26年 生活協同組合コープさっぽろ組合員理事
 平成18年~平成19年 北海道遺伝子組換コンセンサス会議道民委員
 平成18年~       (一財)北海道国際交流センター評議員
 平成22年~平成24年 北海道食の安全委員会委員
 平成22年~平成24年 (NPO法人)北海道有機農業研究協議会企画委員
 平成22年~平成26年 (公財)北海道ユニセフ協会常任理事
 平成23年~平成24年 北海道大学GMどうみん会議監督委員
 平成24年~       北海道木育マイスター

■主な活動内容等
 若いお母さんや親子への食育活動、農産物の産地交流、国内外の留学生受け入れなど、地域と人とのつながりの大切さや、専業主婦で経験した生活の知恵を社会の為に役立てたいと考えて、農林業の多面的機能を活用した地域活性化のためのボランティア活動を実践している。

 ・平成21年 地域農業活性化のプログラムを企画、実施。(行政・流通・消費者参加型の土地改良施設見学会や食育学習会等)
 ・平成22年 「ゆうき農業学ぶ会」を設立。
 ・平成23年 「被災地の子どもを守る会ほんわか」を設立(代表)。
 ・平成24年 「どうなん地域WAKU2協議会」を設立(会長)し、農林水産省の平成24年度農山漁村6次産業化対策事業を実施。
 ・平成25年 ~マルシェや映画上映を企画、実施。地域の食材の講座開催。木育マイスターを活かし地域での木育フェスタ協力。

■中山間に対する思い・意見など
 道南は、食の宝庫 北海道を凝縮した地域。この恵まれた地域で子ども達の食育活動や産地や食材のお知らせ活動をすすめたい。
 東北・本州からの観光客に魅力ある地域や人々のあたたかさを周知させたい。