スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 農村設計課 >  小笠原アドバイザー(江差町)


最終更新日:2019年8月06日(火)


小笠原アドバイザー(江差町)


小笠原アドバイザー顔写真

北海道里づくりアドバイザー

氏名 小笠原 明彦(おがさわら あきひこ)
市町村名 檜山郡江差町

■職歴(経歴)
 昭和52年 江差土地改良区に勤務
 平成16年 北海道ふるさと・水と土指導員
 平成23年 「えさし水土里の会」を発足し事務局
        地場産の農産物を使った加工品の販売や開発・郷土料理の伝承など目的
 平成25年  江差土地改良区嘱託職員

■主な活動内容等
 ・地元に伝わる食文化の伝承(地元 小学生に体験学習:かたこもち作り体験・ジャガイモ掘り・アスパラ・ブロッコリー採り体験)
 ・地元農家/の女性とグループを組織して地域で採れる食材を活用した加工品の製造、販売(アンテナショップなどで販売、味噌・漬け物・豆腐・大豆かりんとう・かたこもち など)
 ・地元で取れる野菜など町外で販売やPR

■中山間に対する思い・意見など
 古くから伝わる食文化の保存活動や地元で採れる農産物を活用した加工品作りを地域で取り組めるような活動をしていきたい。また異業種とも連携、交流し特産品の開発などをして活性化に努めたい。