スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 農村設計課 >  笠松アドバイザー(知内町)


最終更新日:2019年8月06日(火)


笠松アドバイザー(知内町)


笠松アドバイザー顔写真

北海道里づくりアドバイザー

氏名 笠松 悦子(かさまつ えつこ)
市町村名 上磯郡知内町

■職歴(経歴)
 昭和47年 就農
 平成11年 JA新はこだて知内支店女性部長就任
 平成14年 農産物加工「わくわく工房」設立(代表就任)
 平成15年~22年 知内町農業委員会委員就任
 平成16年 JA道南地区女性協議会会長就任
 平成19年 JA北海道女性協議会副会長就任
 平成21年 北海道ふるさと・水と土指導員
 平成28年 知内町議会議員就任

■主な活動内容等
 1 知内町社会教育委員会推進委員として、特に働く女性の代表という立場で、生涯学習推進への提言を行っている。
 2 知内町男女共同参画推進協議会副会長として、研修会開催の企画立案や各種振興策に取り組んでいる。
 3 過去に農業研修生2名、就農体験実習生2名を受け入れており、今後は受け入れのための宿泊施設の整備等も検討している。

■中山間に対する思い・意見など
 ・鮭の帰る川、蛍の飛ぶ川、本当に自然に恵まれた町に住んでいて思うことは、この素晴らしい自然を次世代へ大事に繋げていくことが、私たちの役割だということです。蛍に感動する子どもの声が聞こえるように、子育てに安心できる町。そのためには、地域の産業を、特に農業・漁業を守らなければと思います。若い人たちが希望を持ち、働く喜びが沸くような時代、施策を作ってほしいです。
 ・また、食と農を繋ぐような活動を目指していきたいと思います。そのためにも、子どもや若い人たちと交流を深めていきたいです。