スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 食品政策課 >  北海道立総合研究機構と連携した有機農業技術の開発について


最終更新日:2018年10月31日(水)

北海道立総合研究機構と連携した有機農業技術の開発について

 北海道では、北海道立総合研究機構(略称:道総研)と連携して、病害虫に強い品種の開発をはじめ、緑肥等による地力窒素向上技術や総合的病害虫・雑草管理(IPM)技術の体系化等を進めているほか、農業に由来する環境影響の評価法で地力推移を把握し、緑肥・有機質資源の利活用技術と、有機農業ならではの生産環境保全技術の開発等を進めています。

有機農業技術開発体系及び成果

 これまでに次のような有機農業技術開発体系のもと、28課題に取り組み、その成果の普及が進められています。

                        (平成30年3月現在)

有機農業技術開発体系                     成果数
 有機農業技術

 作 物 別 栽 培 技 術

    11

 施用有機物評価技術

    10

 経 営 経 済 的 評 価

     6

 環   境   評   価

     1
    合     計   

   28

有機農業技術開発体系・成果図

有機農業技術の概要

※ 技術成果の詳しい情報については、(地独)道総研農業研究本部のホームページ「農業技術情報広場」でご覧に                                  なれます。                                                                                              技術情報を検索する場合は、下記URLのサイトの「試験研究成果一覧」から検索してください。                 URL:http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/index.html


「北海道の有機農業」に戻る

お問い合わせ先
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
  北海道農政部食の安全推進局食品政策課 クリーン・有機農業グループ
電話番号:011
-231-4111(代表)内線27-674 又は 011-204-5431(グループ直通)
FAX番号:011-232-7334
E-mail:slow.food@pref.hokkaido.lg.jp