スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 食品政策課 >  道産食品独自認証制度(きらりっぷ)HP

北海道の分類: 産業・経済 > 農業 > 食に関すること

最終更新日:2019年7月09日(火)

  

     道産職人独自認証制度 きらりっぷバナー

 道では、豊かな自然環境や高い技術を生かして生産される安全で優れた道産食品について、消費者の信頼の確保と北海道ブランドの一層の向上を図っていくことを目的として、道産食品独自認証制度(通称:きらりっぷ)の普及に取り組んでいます。


  この制度は、予め5つの基準(1原材料に関する基準、2生産情報の提供基準、3安全に関する基準、4商品特性の基準及び5官能検査基準)を網羅した認証基準を定め、これを満たした(合格した)商品だけに認証を与えるという道独自の取組みです。


  認証基準は、令和元年(2019年)6月30日現在、21種類の品目について、各々定められています1ハム類、2ベーコン類、3ソーセージ類、4ナチュラルチーズ、5日本酒、6熟成塩蔵さけ、7そば、8みそ、9ワイン、10いくら、11アイスクリーム、12豆腐、13納豆、14しょうちゅう、15しょうゆ、16醤油いくら、17生中華麺(生ラーメン)、18熟成塩蔵からふとます、19ビール、20非加熱食肉製品(生ハム)」、21魚醤油)。


   この認証基準を満たし(合格し)、認証を与えられている商品は、令和元年(2019年)6月30日現在、51商品です(ハム類3品、ベーコン類1品、日本酒1品、熟成塩蔵さけ6品、ナチュラルチーズ10品、そば2品、アイスクリーム5品、いくら4品、みそ2品、納豆7品、豆腐4品、しょうゆ4品、醤油いくら1品、魚醤油1品)。

  〇認証商品一覧 (北海道オープンデータポータルでダウンロードできます)

 認証が与えられた商品には、下のマーク(きらりっぷマーク)が付けられています。店頭でご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか。優れた商品ばかりですので、どうぞ一度ご賞味ください。

「きらりっぷマーク」

認証申請手続きの詳細はこちらをクリック→ 認証申請手続き 


【公表資料1】品目ごとの認証基準(令和元年(2019年)6月30日現在) 

     1   ハム類 (平成16年6月4日~)

     2 ベーコン類 (平成16年12月9日~)

     3 ソーセージ類 (平成16年12月9日~)

     4 ナチュラルチーズ (平成16年12月9日~)

     5 日本酒 (平成16年12月9日~)

     6 熟成塩蔵さけ (平成16年12月19日~)

     7 そば (平成17年12月15日~)

     8 みそ (平成17年12月15日~)

     9 ワイン (平成17年12月15日~)

     10 いくら (平成17年12月15日~)     

   11 アイスクリーム (平成17年12月15日~)

     12 豆腐 (平成18年12月14日~)

     13 納豆 (平成18年12月14日~)

     14 しょうちゅう (平成18年12月14日~)

     15 しょうゆ (平成20年2月1日~)

     16 醤油いくら (平成20年2月1日~)

     17 生中華麺(生ラーメン) (平成21年2月27日~)

     18 熟成塩蔵からふとます (平成21年2月27日~)

     19 ビール (平成22年3月11日~)

     20 非加熱食肉製品(生ハム) (平成22年3月11日~)

     21 さかな醤油 (平成22年3月31日~)  

                                                                   

【公表資料2】制度の要綱・要領等

   1  道産食品独自認証制度実施要綱

     2 道産食品独自認証制度手続要領

     3 認証マーク表示基準

        4 新規事業者用チラシ

        5 制度の仕組みとイメージ図

 

【参考】 認証機関(令和元年(2019年)6月30日現在)

 この制度の認証機関(手続きを行っている機関)は、次の3つです(機関ごとに担当する品目が異なりますので、ご注意ください)。

 制度の中身や具体的な手続きについて、お知りになりたい方は、お気軽にお問合せください。

1 一般財団法人 日本穀物検定協会北海道支部

  ・住  所 〒003-0808 札幌市白石区菊水8条3丁目1-24

  ・電  話 011-831-6191

  ・担当品目 水産物(熟成塩蔵さけ、いくら、醤油いくら及び熟成塩蔵からふとます)並びにナチュラルチーズ以外のもの

2 一般社団法人 北海道水産物検査協会

  ・住  所 〒060-0003 札幌市中央区北3条西7丁目 水産ビル3階 

  ・電  話 011-271-2891

  ・担当品目 水産物(熟成塩蔵さけ、いくら、醤油いくら及び熟成塩蔵からふとます)

3 公益社団法人 北海道酪農検定検査協会

  ・住  所 〒060-0004 札幌市中央区北4条1丁目1 共済ビル4階

  ・電  話 011-271-4389

  ・担当品目 ナチュラルチーズ


最新情報 

■その1  認証品の一覧を更新しました(令和元年(2019年)6月30日)。

■その2  商品のサンプル写真です。  

   1 おこっぺロースハム ((株)オホーツククリーンミート)

   2 おこっぺモモハム ((株)オホーツククリーンミート)

   3 おこっぺペッパーポーク ((株)オホーツククリーンミート)

   4 おこっぺベーコン ((株)オホーツククリーンミート)

   5 清酒「純米吟醸 絹雪 大雪乃倉」 (合同酒精(株)旭川工場)

   6 十勝逸品 大地の香り ((有)中田食品)

   7 十勝逸品 もめん豆腐 ((有)中田食品)

   8 十勝逸品 きぬ豆腐 ((有)中田食品)

     9  十勝逸品 寄せ豆腐 ((有)中田食品)

   10   試される大地 北海道納豆 (オシキリ食品(株))

   11  十勝納豆 小粒 (オシキリ食品(株))

   12  十勝納豆 大粒 (オシキリ食品(株))

   13   北海道産 極 極小粒納豆(ミニ3) ((株)ヤマダイフーズプロセシング)

   14   どさんこミニ納豆(4カップ) ((株)ヤマダイフーズプロセシング)

   15   北海道納豆(3P) ((株)ヤマダイフーズプロセシング)

   16   道産中粒 極納豆 ((株)ヤマダイフーズプロセシング)

   17   北海道新得八割そば (新得物産(株))

   18  北海道十勝八割そば (新得物産(株))

   19  あいすの家 ミルク ((株)長沼あいす)

   20   あいすの家 カスタードバニラ ((株)長沼あいす)

   21   あいすの家 ダブルチーズ ((株)長沼あいす)

   22   あいすの家 かぼちゃ ((株)長沼あいす)

   23   あいすの家 あずき ((株)長沼あいす)

   24   トモエ 北海道の恵み (北海道味噌(株))

   25   寿無添加生おまめなみそ (日本清酒(株))

   26   キッコーマン 北海道丸大豆しょうゆ (北海道キッコーマン(株))

   27   トモエ 北海道産丸大豆しょうゆ (福山醸造(株))

   28   トモエ 道産素材 北海道丸大豆醤油 (福山醸造(株))

   29   トモエ 北海道産丸大豆しょうゆ 減塩 (福山醸造(株))

   30   鮭山漬け ((株)マ印 神内商店)

   31   塩いくら ((株)マ印 神内商店)

   32   山漬け熟成秋さけ221 (野付漁業協同組合)

   33   鮭山漬け (雄武漁業協同組合)

   34   銀聖熟成鮭山漬 ((株)マルデン)

   35   熟成新巻鮭(山漬け) ((株)NSニッセイ)     → 生産休止中です。

   36   認証山漬け (佐藤水産(株))

   37   塩いくら (佐藤水産(株))

   38   鮭醤油 (佐藤水産(株))

   39  塩いくら ((株)山十前川商店)

   40   本醸造 醤油いくら ((株)山十前川商店)

   41   いくら ((株)マルア阿部商店)

   42   冨 夢(とむ) ((有)冨田ファーム)

   43   おこっぺ大地 ((有)冨田ファーム)

   44   KAKUYA ((有)チーズ工房角谷)

   45   さくら (農事組合法人 共働学舎新得農場)

   46   雪 (農事組合法人 共働学舎新得農場)

   47   プチ・プレジール (農事組合法人 共働学舎新得農場)

   48   おいしいカマンベール ((株)十勝野フロマージュ)

   49   なかさつないカマンベール 120g ((株)十勝野フロマージュ)

   50   ブリ・ド・トカチ ((株)十勝野フロマージュ)

   51   なかさつないカマンベール 60g ((株)十勝野フロマージュ)

■その3  農業関係月刊誌「農家の友」の5月号に本制度が紹介されました。

  ・発行所  札幌市中央区北3条西7丁目1番地  酪農センター 公益社団法人 北海道農業改良普及協会

  ・関係記事  令和元年(2019年)5月号86ページ

■その4  北海道イオン会 合同見本市2019にブース出展しました。

  ・日時 平成31年4月17日(水)、18日(木)の2日間

  ・場所 アクセスサッポロ 大展示場

  ・当日の様子です。              

  (この催しは、メーカーやバイヤーの担当者を対象としたもので、一般の方は参加していません)

■その5  新たな認証品です(認証日から2年間掲載します)。

  ・品目    しょうゆ

  ・名称    トモエ 北海道産丸大豆しょうゆ減塩

  ・事業者  札幌市東区苗穂町2丁目4番1号  福山醸造株式会社

  ・認証日  平成31年2月28日 (認証番号  認証第0115010004)

  ・商品の写真です      

■その6  第35回北海道産品取引商談会(札幌会場)へ資料提供しました。

  ・日時   令和元年(2019年)6月11(火)、12日(水)の2日間

  ・場所   札幌市中央区北1条西11丁目 ロイトン札幌 3階「ロイトンホール」

  ・当日の様子です。                   

(この催しは、メーカーやバイヤーの担当者を対象としたもので、一般の方は参加していません)

■その7  食育パネル展へ資料提供しました。

   道では、食育基本法に基づき、国が策定している第3次食育推進基本計画において、毎年6月を食育月間として定め、国民への理解促進を図ることとしています。このたび、酪農学園大学に設置しているPRブースに資料提供しました。

  ・ブースの様子です。  1   

【お知らせ:令和元年(2019年)5月1日】

■その1

  北海道庁赤れんが庁舎2階の西側に設置していました道産食品独自認証制度(きらりっぷ)及び道産食品登録制度の展示コーナーにつきましては、庁舎の改修工事のため、当面の間、閉鎖させていただくこととなりましたので、お知らせいたします。なお、再開の時期は未定ですが、決まり次第、またお知らせさせていただきますので、何卒ご理解のほどをよろしくお願いいたします。

■その2

  道では、平成27年3月に、本制度の概要や認証品を紙媒体でご紹介している「道産食品独自認証制度オフィシャルブック2015」を作成しました。未だ若干の在庫がございますので、ご希望の方は、道庁7階の農政部食品政策課でお渡しいたします(郵送でのお渡しは、着払いも含めて一切行っておりませんので、ご理解をお願いします)。

 なお、新しいオフィシャルブックの作成は、令和2年(2020年)以降を予定していますので、申し添えます。

   

認証基準の概要
次の5つの基準をクリアしたものだけを北海道認証品(きらりっぷ商品)として認証しています。

  原材料に関する基準
  主たる原材料に北海道産品を使用している。北海道内で製造・加工された食品であるなど。

  生産情報提供基準
  原材料の産地が明らかであること。 製造方法が明示されていること。

  安心に関する基準
  北海道HACCPの基準に基づいた高い衛生管理が実施されていること。
  農薬や食品添加物などの使用が控えられて いることなど。

  商品特性基準
  特別な原材料や伝統的な生産方法など、優れた『商品特性』が認められること。

  官能検査基準
  上記適合基準を審査した後に、消費者と専門 家による官能(食味)検査を実施。
  次年度以降も毎年専門家のみによる検査を実施。



道産食品登録制度はこちらをクリック→  道産食品登録制度 


このページの情報はオープンデータとして自由に二次利用することが可能です。(CC-BY利用する場合には出所明示を行ってください。詳しくは北海道オープンデータ利用規約をご確認ください。また、北海道のオープンデータは、「北海道オープンデータポータル」にも登録していますのでご覧ください。

このページに関するお問い合わせ
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
北海道農政部食の安全推進局食品政策課6次産業化推進グループ
電話番号:011-204-5432(直通)
FAX番号:011-232-7334