スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 食品政策課 >  北海道食育コーディネーター制度(12-2)


最終更新日:2019年9月12日(木)


北海道食育コーディネーター制度(12-2)


元気もりもり道産子の食育
元気もりもり リンク集
食育を深めよう
北海道食育コーディネーター制度

村田 歩 (むらた あゆみ)

画像村田 歩 (むらた あゆみ)

コメント

「何をどのように食べるか」を考えることは、人が人間として生きるための原点だと思います。
所属 「子ども料理教室」講師
職名  
住所 帯広市
担当分野
1.食事を楽しむ 食文化
2.味覚を育てる  
3.食べ物と心の体の関係を知る 食習慣
4.体によい食べ物を選ぶ知識を身につける  
5.日本型食生活のよさを知る 日本料理
6.食の情報を見分ける知識を身につける  
7.基本的な調理技術を身につける  
8.食べものの大切さを知り、自然の恵みに感謝する 農業、水産、林業、農林漁業の多面的な機能
9.食べものの作られる過程などを理解する 流通、体験、食料の自給率
10.食を通じて環境について考える 食と環境との関係
11.地域の食育推進に関すること 各種団体・グループ・学校等講演(出前講座)
主な職歴
昭和33年~平成06年 中学校社会科教師として十勝・帯広で勤務
平成07年~平成23年 帯広市児童・民生委員
平成09年~ 子ども料理教室“ぼくとわたしのたのしいクッキング”を奥様のナホさんと主催
主な活動
平成16年~ 「地域に根ざした食育コンクール2003」優秀賞(農林水産省消費安全局長賞)受賞
平成17年~ 朝日新聞社「朝日のびのび教育賞」
平成23年 食育推進ボランティア内閣府特命担当大臣表彰受賞
著書等
  • 「食育かるた」(平成17年)
最近の活動
  • 子ども料理教室
  • 十勝郷土料理研究会「料理講習」
  • 食育に関する講演会
    H18,11.2第3回羊蹄山麓味覚フェスタ!農と食についてのシンポジウム
    「本物の味を、次世代に伝えよう」など
助言いただける内容
  • 教育現場で子どもたちの生活や食についての関心・態度などの実態を見てきた。
  • 「子ども料理教室」の実践を通して、食に関して子どもたちの問題点やその背景にある親なども含めて把握するチャンスに恵まれている。
  • このような視点で食に関する助言を行う。

戻る