スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 食品政策課 >  北海道食育コーディネーター制度(10)


最終更新日:2019年9月12日(木)


北海道食育コーディネーター制度(10)


元気もりもり道産子の食育
元気もりもり リンク集
食育を深めよう
北海道食育コーディネーター制度

山本 幹彦(やまもと みきひこ)

画像山本 幹彦(やまもと みきひこ)

コメント

食を入り口に環境について考えてみることで、具体的に環境について、楽しく、美味しく学びましょう。
所属 NOP法人当別エコロジカルコミュニティー
職名 代表理事長
住所 当別町
担当分野
1.食事を楽しむ  
2.味覚を育てる  
3.食べ物と心の体の関係を知る  
4.体によい食べ物を選ぶ知識を身につける  
5.日本型食生活のよさを知る  
6.食の情報を見分ける知識を身につける  
7.基本的な調理技術を身につける  
8.食べものの大切さを知り、自然の恵みに感謝する 農業、農林漁業の多面的な機能
9.食べものの作られる過程などを理解する 体験、食料の自給率
10.食を通じて環境について考える フードマイレージ、エコクッキング、食と環境との関係
11.地域の食育推進に関すること  
主な職歴
昭和56年~ (財)京都ユースホステル協会入社
平成06年~ (財)京都ユースホステル協会・環境教育事業部創設
アメリカ環境教育視察
平成11年~ 文部省・野外教育企画担当者セミナー主任講師
平成14年~ NPO法人当別エコロジカルコミュニティ設立、理事長に就任
北海道道民の森ワンダースクール校長に就任
平成16年~ 学習院女子大学講師、道民の森環境教育アドバイザー
主な活動
平成07年 環境庁・子どものための環境基本計画解説マニュアル検討委員
平成14年 北海道森づくり審議会委員
平成15年 当別町生涯教育推進計画策定委員 など
著書等
  • 「子どもが地球を愛するために(センス・オブ・ワンダーワークブック)」:
    監訳(人文書院)
  • 「もっと、子どもが地球を愛するために(センス・オブ・ワンダーワークブック)」:
    監訳(人文書院)
  • 「総合演習の基礎」:共著(ミネルバ書房)
  • 「北海道再生のシナリオ2」:共著((社)北海道雇用経済研機構)など
助言いただける内容
  • 食育をテーマとした体験活動を学びに結びつける手法
  • 持続可能な開発のための教育をテーマとした、
    食を切り口としたアクティビティの紹介や実践
  • 環境教育と食育活動の具体的な手法(フードマイレージ、農地と生態系など)
  • 田んぼの生き物調査
  • 農地をフィールドとした幼児からファミリーまでの環境教育プログラムの実践

戻る