スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 食品政策課 >  北海道食育コーディネーター制度(5)


最終更新日:2019年9月12日(木)


北海道食育コーディネーター制度(5)


元気もりもり道産子の食育
元気もりもり リンク集
食育を深めよう
北海道食育コーディネーター制度

貫田 桂一(ぬきた けいいち)

画像貫田 桂一(ぬきた けいいち)

コメント

わかりやすい食育で子どもの才能を伸ばしてみませんか。よい食は知力・体力・徳力を育ててくれますよ!
所属 ヌキタ・ロフィスド
職名 フードディレクター
住所 札幌市
担当分野
1.食事を楽しむ 食事のマナー
2.味覚を育てる 味覚教育、味覚と性格
3.食べ物と心の体の関係を知る  
4.体によい食べ物を選ぶ知識を身につける 食品の機能、食品の見分け方
5.日本型食生活のよさを知る  
6.食の情報を見分ける知識を身につける  
7.基本的な調理技術を身につける 調理技術
8.食べものの大切さを知り、自然の恵みに感謝する 農業、水産
9.食べものの作られる過程などを理解する  
10.食を通じて環境について考える 食と環境との関係、エコクッキング
11.地域の食育推進に関すること  
主な職歴
昭和55年~ 札幌市内のレストランで修行
平成04年~19年 ホテルクラビーサッポロ開業準備より料理長
平成19年 個人事務所「ヌキタ・ロフィスド」設立
平成23年 料理スタジオ「スタジオNUKITA」を開設
主な活動
平成07年~ 北海道地域づくりアドバイザー
平成09年~11年 日経レストランメニューグランプリ審査員
(プロの全国料理コンテスト)
平成10年 ホクレン夢大賞・農業応援部門大賞 受賞
平成19年~21年 北海道教育大学・特任教授 委嘱(食・生活教育論)
平成20年~ 「地産地消の仕事人」(全国47名)選定(農林水産省生産局)
著書等
  • 「北の料理人」シリーズ(晶文社)
最近の活動
平成13年~21年 北海道 STVどさんこワイドレギュラー「貫田シェフの北の絶品」
(月1回)
平成14年07月 札幌市 農水省版タウンミーティングで武部大臣(当時)とスピーチ
平成16年08月 置戸町 学校給食試食会・置戸町400人分のレシピ・給食制作をボランティア開催
平成17年01月 中国上海市「北海道晩餐会」にて100人分フルコース制作
(北海道知事主催)
平成17年06月 北海道 貫田シェフと行くグルメツアー開催し大好評
(地元バス会社、JRほか)
平成17年08月~ 北海道 コープさっぽろ協同購入でシェフ特製「コロッケde北海道」全道で大ヒット中
平成17年11月 札幌市 パリ・ソルボンヌ大総長と「おいしい北海道の売り方」の対談
(札幌大学)
平成18年04月 北海道 STVテレビ30分番組「D!アンビシャス」で
「食の伝道師」として紹介
平成20年02月 北見市 子どもの体力向上ファーラム基調講演
(文部科学省主催)
平成20年07月 洞爺湖 北海道洞爺湖サミット・ロシア政府代表団の料理指導
(洞爺湖畔亭)
平成22年04月 北海道 旅行サイト「ぐうたびブログ」で「シェフのうまうま・大辞典」大人気となる
平成22年10月 モスクワ 北海道PR事業で道産食材の講演と試食会のメニューを提案し好評を得る
助言いただける内容
  • 西洋料理のマナーと味覚教育 試食会などでのテーブルマナー指導、学生向けの食教育
  • 調理技術と食品衛生 主にスピーチ
  • 農水産物を活かしたメニュー助言 地域のコンクール、試食会での講評やスピーチ
  • 食と環境 試食会などでのスピーチ、学生向け

戻る