スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 食品政策課 >  クリーン農業を支える技術


最終更新日:2011年10月27日(木)


クリーン農業を支える技術


クリーン農業をささえる技術

 

健康な土づくりをするために
作物を健全に育てるため、たい肥等の有機物などを使用して、土壌を改善したり、土壌診断を行って肥料を使用するなど、健康な土づくりに取り組んでいます。
                                 

●緑肥作物の計画的な導入
●有効土層を拡大するための深耕や排水対策
●家畜ふん尿やほ場副産物の有効利用によるた
い肥づくり

 緑肥  たい肥

 畑の地力を向上させるため、
緑肥用キカラシを栽培し、農地にすき込みます。

 家畜ふん尿などを 利用して、たい肥を製造しています。

化学肥料をもっと少なくするために
化学肥料による環境への負荷を軽減するため、肥料が作物に効率的に吸収される技術を使ったり、たい肥や有機質肥料を使用するなど、化学肥料の節減に取り組んでいます。

●パソコンによる施肥設計システムを活用した土壌診断
●肥料を施す位置や施肥法の改良
●たい肥など有機物中の肥料成分の評価

 土壌分析
 農産物の内部成分の分析を進めています。
化学農薬をもっと少なくするために
化学農薬による環境への負荷を軽減することと、より安全な農産物を生産するため、化学農薬に依存しない防除法の導入や、複数の技術の活用によって病害虫の密度を低く抑えるための防除など化学農薬の節減に取り組んでいます。

●きめ細かいほ場観察と防除の要否判定による防除の実証・実践技術
●天敵、対抗植物の利用など、化学農薬に依存しない防除法
●機械除草作業の組み合わせによる除草剤の低減
●畑作における株間除草機

 発生予察  機械除草  あいがも

 捕虫網を使用し、病害虫の発生
を事前に確認し防除を実施しています。

 機械により雑草を防除し、
除草剤の使用を減らしています。
 水田にアイガモを放し飼いにし、
雑草を防除しています。

 

試験場が開発したクリーン農業関連技術の一覧は→こちらから(PDFファイル 243KB)

各クリーン農業関連技術の概要は→こちらから(PDFファイル 462KB)

 

北海道のクリーン農業トップに戻る