スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 農村整備課 >  北海道中山間ふるさと・水と土保全対策事業


最終更新日:2016年6月30日(木)


北海道中山間ふるさと・水と土保全対策事業


地域のちから、みんなのちから
-農村地域の住民活動を支援しています-
 
北海道中山間ふるさと・水と土保全対策事業
 
中山間地域では、過疎化・高齢化等の進行により活力の低下が懸念されています。
 このため、農地や土地改良施設の有する多面的機能の良好な発揮とこれらの施設等の保全・利活用を通じた地域住民活動の活発化により、中山間地域の活性化を図るため、「北海道中山間ふるさと・水と土保全対策事業基金」の運用益を活用し、住民活動推進のための調査研究や市町村に指導員を設置し、住民活動への支援等を行っています。
 
 
 

 
■  地域活動支援事業 
  
  多様な地域住民活動を活性化するため、地域の現状把握と住民意識の醸成を図るとともに、地域住民が主体となった活動計画の作成や実践活動、及び活動の評価・検証の実施を支援します。
 
 ◇実践活動地区◇
・地産地消として森町食材を手軽に活用できるメニューの開発と定着(森町森地区)
・「ここだからできるスローライフ~鶴居型スローライフ」の定着(鶴居村鶴居地区)
・地域の食材を使用した製品開発(日高町里平地区)
・「ゆうべつ牛乳うどん」で地域を活性化(湧別町湧別地区)
 
◇住民意識醸成地区◇
・別海町別海地区
・当麻町当麻地区
・七飯町七飯地区
・岩見沢市北村豊正地区
 
■ 推進事業

 事業の円滑な執行と効果的な推進、さらには地域住民活動の拡大を図るため、学識経験者等から指導・助言を受けながら事業を効果的に推進しています。 

 

●ふるさと・水と土保全対策委員会

 事業の効果的な推進を図るため、学識経験者等から構成される委員会を設置し、指導助言をいただいています。

 委員名簿

 委員会議事概要等

 北海道中山間ふるさと・水と土保全対策事業における点検・評価報告書 

 

23年度ふるさと・水と土保全対策委員会開催状況

 

   
■ 研修事業
  
 住民活動の活性化に関する推進指導員及び助言等を行う人材を育成するため、ふるさと・水と土指導員等を対象に研修会の開催等を実施するほか、指導員相互の情報交換を行う「指導員会」の開催や情報交換誌「里づくり」を発行しています。

 
 
 
   

 農村地域の活性化に理解と熱意があり、地域活動の中心的役割を担える人を市町村長及び北海道土地改良事業団体連合会会長理事の推薦により農政部長が指導員を委嘱し、各地域で住民活動の支援等を行っています。 

 北海道里づくりアドバイザー名簿

ふるさと・水と土指導員指導

農作業体験等での指導

 
 

    〔北海道農政部農村振興局農村整備課田園企画グループ 主査(ふるさと基金)内線27-620〕


農村整備課TOPへ    前のページへ