スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 生産振興局農産振興課 >  平成30年度北海道米プロモーション第3弾「赤飯・赤飯にぎり」PR

北海道の分類: 産業・経済 > 農業 > 農業一般

最終更新日:2019年1月10日(木)

北海道米プロモーション

~北海道 ごはん道?~


第3弾「赤飯・赤飯にぎり」 

※本取組は終了しました。

 30お赤飯POP

  お祝いのとき、皆さんはどんなごちそうを食べますか?ケーキ、ステーキ、お寿司・・・最近は美味しいものが沢山あって迷ってしまいますね!

 でも北海道民なら、お祝いは北海道産もち米のもっちり美味しい「お赤飯」はどうですか?お赤飯をみんなで食べて、楽しく過ごしましょう!


【テレビCM放映期間 11月3日(土)~11月23日(金)】

 期間中には、様々な「赤飯」商品が販売されます。《詳しくはこちら。『北海道じゃらん11月号』にも掲載されています。》

 昔から日本人のお祝いの際の食事には、お赤飯が欠かせません。そういったお赤飯の歴史と伝統を継承していくため、11月23日の勤労感謝の日を「お赤飯の日」として制定しました。

 そんな、日本人に昔から親しまれている「お赤飯」を、この機会にぜひ買って・またはおうちで作って、食べてみてくださいね。


◆ 参加企業

 〇 コンビニエンスストア(3社)

  ・(株)セコマ

  ・(株)セブン・イレブン・ジャパン

  ・(株)ローソン

 〇 スーパーマーケット・百貨店等(11社)

  ・イオン北海道(株)

  ・(株)イトーヨーカ堂

  ・生活協同組合コープさっぽろ

  ・(株)産直

  ・(株)ダイイチ

  ・(株)藤丸

  ・(株)豊月

  ・北雄ラッキー(株)

  ・ホクレン農業協同組合連合会

  ・(株)北海道ジェイアール・フレッシュネス・リテール

  ・(株)ラルズ

 〇 北海道米応援サポーター(1社)   

  ・(株)リクルート北海道じゃらん

  ただいま道では北海道米プロモーションに参加して、一緒においしい北海道米を盛り上げてくれる企業や飲食店等を募集しております!《詳しくはこちら

 

◆ご当地お赤飯

 お赤飯と一言でいっても、地方によって様々なお赤飯があるのをご存じですか?

 私たちが住む北海道では、甘納豆を用いたピンクのお赤飯がよく作られていますが、道外では甘納豆ではなく、小豆やささげを使い、赤飯の色も豆の煮汁で色をつけるのが一般的です。他にも、地域ごとに様々なお赤飯が作られていますので、少しご紹介します!

〇 新潟県中越地方「醤油赤飯」

 醤油おこわとも呼ばれている。金時豆を使用し、醤油などで味付けされる。

〇 千葉県一部「落花生赤飯」

 千葉県特産の落花生を甘煮にして、小豆と一緒に炊きあげる。

〇 福井県一部「さといも赤飯」

 さといもを煮て、米や小豆と一緒に蒸して作られる。

〇 徳島県一部「ごま砂糖赤飯」

 徳島県では、赤飯にごま砂糖をかけて食べる風習がある。

 

各地を訪れた際には、ぜひ色んな種類のお赤飯を食べてみてください。

そして!北海道に来られた際には、美味しい北海道産もち米の「お赤飯」をお召し上がりください!

平成30年度北海道米プロモーショントップページはこちら