スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 生産振興局農産振興課 >  北海道米プロモーション第4弾「お赤飯」PR

北海道の分類: 産業・経済 > 農業 > 農産・畜産

最終更新日:2016年11月01日(火)

  北海道米プロモーション第4弾!

お赤飯POP 


11月23日の「お赤飯の日」に合わせ、北海道米販売拡大委員会、道内コンビニ・スーパー12社と連携した“「お赤飯」キャンペーン”を展開します!


1 実施期間

 平成28年11月8日(火)~11月30日(水)


2 連携企業

〇 コンビニエンスストア(2社)

 ・(株)セブン-イレブン・ジャパン

 ・(株)ファミリーマート

〇 スーパーマーケット(10社)

 ・イオン北海道(株)

 ・マックスバリュ北海道(株)

 ・(株)イトーヨーカ堂

 ・生活協同組合コープさっぽろ

 ・(株)北海道ジェイ・アール・

  フレッシュネス・リテール

 ・(株)ダイイチ

 ・ホクレン農業協同組合連合会

 ・(株)北雄ラッキー

 ・(株)ラルズ

 ・(株)東光ストア

3 主な取組内容
 その1 

店内POP等によるPR

 その2 

テレビCMによるPR

[放映期間:11月8日(火)~11月23日(水)]

北海道米販売拡大委員会によるTVCM放映。


※各連携企業の取組内容の詳細は、こちらへ!


 

■11月23日は「お赤飯の日」

 11月23日は「勤労感謝の日」ですが、「お赤飯の日」として、米穀卸や食品メーカー等で組織する赤飯文化啓発協会でお赤飯を通じて日本の食文化を考える取組が進められています。

 皆様も、「お赤飯の日」には、日ごろの感謝の気持ちを込めお赤飯を食べて、日本食文化についても考えてみてはいかがしょう。

 

■全国で活躍!「北海道もち米」

 「北海道もち米」は、冷めてもやわらかさと粘りが長持ちするのが特徴で、7割以上がおこわやお赤飯などの主食として用いられています。品質や収量が安定しているのも魅力のひとつ。8割以上が道外で使われており、全国で活躍しています!


~「北海道もち米」プロフィール~


★「はくちょうもち」北海道もち米の定番。

  • やわらかさが長持ちし、粘りが強く、お赤飯やおこわのほか、大福などの和菓子にもピッタリ!
  • 炊飯器で炊けるもち米として、一般家庭でも広く利用されています。

★「風の子もち」安定供給を支えます。

  • 白度が高く、粒張りがよいのが特徴です。
  • 寒さに強く倒れにくいのに加え、収量が多いため、北海道もち米の安定供給を支えています。

★「きたゆきもち」おいしさと強さがウリ。

  • 白度が高く、おこわの食味官能試験ではつやと味のよさが高い評価を得ています。
  • 寒さに極めて強く、産地や年次が違っても品質が安定しているのも強みです。

★「きたふくもち」切り餅向き新品種。

  • 餅にしたときの食味がよく、切り餅などの餅加工やあられなどの米菓向きです。
  • 寒さに強く、気象条件が厳しい道内でも安定生産ができます。

お赤飯」ダイエット?

 意外なことに、「お赤飯」はダイエットに向いています。その理由(わけ)は大きくつ。

  1. もち米」に含まれる“アミロペクチン”というデンプン成分は、消化と糖質の吸収を遅くし、満腹感を持続させるので、ダイエットの天敵である「間食」を減らせるかも!
  2. たくさんの食物繊維とビタミンB1を含む「小豆」には、肥満予防・便秘解消・コレステロール低下など様々な効果があります! 

 このように「もち米」と「小豆」がコラボした「お赤飯」は、“ヘルシーなごはん食”なのです!

 量をたくさん食べるのは禁物ですが、この機会に“「お赤飯」ダイエット”にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


■レンジで簡単!「お赤飯」

 「お赤飯、作ってみたいけど大変そう・・・」という方は必見。「お赤飯」はレンジでお手軽に作れます!次のレシピを参考に、一度トライしてみてください!

お赤飯簡単レシピ

提供:北海道米販売拡大委員会「北海道のお米」

 

このページのトップへ戻る▲