スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 生産振興局農産振興課 >  農業生産工程管理手法(GAP)


最終更新日:2018年2月02日(金)

農業生産工程管理手法(GAP)について

☆ 更新情報 ☆

平成28年 3月17日 北海道の状況について、平成27年3月末時点でのデータに更新しました。
平成26年12月15日 GAP導入推進セミナーを開催しました。
平成26年12月15日 GAP導入推進マニュアルを作成しました。

1 GAPとは…

GAPとは、「Good Agricultural Practice」の略で、農業生産工程管理手法と訳されます。

食品である農産物を生産する現場において、農業生産者自らが、生産工程全体を見渡して、1.注意すべき項目を定め(Plan)、2.これに沿って農作業を実施・記録し(Do)、3.記録を検証し(Check)、4.次の生産に向けて作業の改善に結びつけていく(Action)手法です。

農薬の残留、病原微生物や重金属等の付着・混入など、消費者の安全・安心を脅かす危害が発生しないよう、生産物をチェック・管理できるだけでなく、環境保全や経営改善にも有効な手法であることから、北海道では、「食の北海道ブランド」をさらに向上させるため、道内のおおむね全ての産地へのGAP導入に取り組んでいます。

○ GAP導入のイメージ

2 全国の状況

国は、「食料・農業・農村基本計画(平成22年3月30日 閣議決定)」において、産地における更なる取組の拡大と取組内容の高度化を推進することとしており、平成27年度までにGAP導入産地を3,000産地にすることを政策目標に掲げています。

また、国内には様々なGAPが存在するとともに、科学的知見や消費者・実需者のニーズを踏まえた取組への対応も十分に進んでいない状況にあるため、その共通基盤づくりを進めることとしており、平成22年4月には、「農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン」を策定し、平成27年度までにガイドラインに則したGAP導入産地を1,600産地にすることを政策目標としています。

○ 全国におけるGAPの周知・導入状況

○ 「農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン」

道としては、全国的な動きに注目しながら、各産地の実情に合ったGAPの導入が進むよう、支援・情報提供していきます。

3 北海道の状況

道では、道内のおおむね全ての産地へのGAP導入を目指し、推進体制の整備、生産者や産地への普及啓発、モデル産地の育成、消費者へのPRに取り組んでいるところです。

平成20年4月から農業改良普及センターに担当者を配置しているほか、「北海道農業生産工程管理手法(GAP)導入推進会議」を設置し、関係団体・機関と連携して、GAP導入の推進を図っています。また、国の交付金を活用し、道内各地で説明会の開催やモデル産地の育成等を行っています。

○ 道庁におけるGAPお問い合わせ先

○ GAP導入推進セミナー

平成27年3月末現在、道内では、672産地のうち、72%の484産地でGAPが導入されています。品目別に見ると、野菜が242産地と最も多いほか、麦では19年産から、米では20年産からホクレンがGAPの実践を出荷の条件としたため、ほぼ全ての産地で導入済みとなっています。

 GAP導入推進マニュアル

北海道GAP導入推進会議では、GAPの意義や目的、種類等の基礎的な事項をはじめ、導入までの手順や先進事例など、GAPに取り組む上で最低限必要な事項を整理し、産地における取組を後押しする手引書として、平成26年11月に「GAP導入推進マニュアル」を作成し、生産から流通に係わる関係者に広く周知しました。

○ GAP導入推進マニュアル(概要版)

○ GAP導入推進マニュアル(本文)

○ GAP導入推進マニュアル(参考資料)

5 リンク

○ 農林水産省「GAPに関する情報」

○ NPO法人日本GAP協会