スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 生産振興局農産振興課 >  施設園芸高度化コンシェルジュ


最終更新日:2017年4月18日(火)


施設園芸高度化コンシェルジュ


リボン よ う こ そ

施設園芸高度化コンシェルジュ

北海道においては、平成23年度から大学などの研究機関や農業団体、実需者などを構成員とした「北海道型施設園芸高度化推進協議会」を設置し、産学官が連携しながら養液栽培(植物工場)や新エネルギーを活用した低コスト生産を推進しています。

高度環境制御栽培施設を備えた施設園芸は、季節や天候に左右されず安定供給が可能な利点がある一方、施設の設置・運営コストが通常より高くなる場合があるなど課題も多く、安定的な運営を確保するためには、高度な生産技術の習得や初期投資の軽減等を図ることが重要です。

このため、導入にあたっての相談窓口を設置し、施設園芸の高度化に興味があり、導入等を検討されている方々などの、ご質問、ご相談に対応する「施設園芸高度化コンシェルジュ」活動を実施しています。

施設園芸の高度化や生産技術に関する情報、初期投資の軽減に役立つ補助制度等について、ご紹介・相談対応等を実施していますので、道内において養液栽培の導入や施設園芸における再生可能エネルギーの活用などのご検討の際には、まずは、下記までご連絡ください。

【施設園芸高度化コンシェルジュ連絡先】

 北海道型施設園芸高度化推進協議会事務局
 北海道農政部 生産振興局 農産振興課 園芸グループ
  電話:011-231-4111(内線27-730、731)
     :011-204-5436(ダイヤルイン)
  E-mail:nosei.nosan1@pref.hokkaido.lg.jp

         迷惑メール防止のため@マークを全角にしています。
         送信の際は@マークを半角にしてご使用ください。

◇導入支援制度等

  平成29年度植物工場等導入可能関連補助制度等(PDF)

  ○北海道農商工連携ファンド事業 (北海道商工会連合会のホームページへリンク)

  ○省エネルギー・新エネルギー関連助成制度
           (北海道経済部産業振興局環境・エネルギー室のホームページへリンク)

◇参考ホームページ

  ○農林水産省  平成23年度補助事業 生産局 施設園芸の高度化の推進

  ○経済産業省北海道経済産業局  先端農商工連携実用化研究事業

  ○株式会社日本政策金融公庫  農林水産事業

デスク 観葉植物

北海道施設園芸高度化事業のページへ戻る