スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 農村計画課 >  基盤整備の有効性調査


最終更新日:2016年12月07日(水)


基盤整備の有効性調査


 

 ロゴ 基盤整備の有効性調査に関する取組


 〇 これまで農業農村整備事業により整備してきたほ場において、実際の営農活動でどのような効果を発揮しているかを的確に把握するため、事後の評価や確認が重要であると考えられます。

 このため、「農業生産基盤整備の有効性等調査」を実施して、農家の意見や要望を聞き取りながら調査データの蓄積と評価を行い、整備を推進するうえでの課題検討や事業評価などの基礎資料に活用しています。

 

 ○基盤整備の有効性に関する 調査報告(H24)

  【概要版】   【全体版】

 ○基盤整備の有効性に関する 調査報告(H23)

  【概要版】

 ○基盤整備の有効性に関する 調査報告(H22)

  【概要版】

 ○基盤整備の有効性に関する 調査報告(H21)

  【概要版】

 

〇 平成25年度においては、全道的に春の低温・多雨、夏の高温・少雨の天候不順となり、特にオホーツク地域では農作業の遅れや作物生育の不良など大きな影響を受けたことから、オホーツク地域を中心に農業基盤整備の効果について、以下のとおり調査を行ったので結果をお知らせします

  農業基盤整備の効果に関する 調査結果(農村設計課へリンク) 

 

 農村計画課のトップページに戻る