スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 農村計画課 >  農業農村整備事業紹介2


最終更新日:2016年12月07日(水)


農業農村整備事業紹介2


 
  ロゴ 主な事業のご紹介

    農業農村整備に係る事業制度は、農業情勢や社会情勢等の変化に応じて、既存事業の拡充や統廃合、新制度の創設など、地域ニーズに対応した事業内容や仕組みへと変化しています。近年では、地域主権の観点から農山漁村地域整備交付金(平成22年度)が創設されたり、補助事業についても、平成24年度補正予算により農業競争力強化基盤整備事業や農業水利施設保全合理化事業などが創設されるなど、農業農村整備に係る事業制度が大きく変化しています。
  
 下記の図は、農業農村整備に係る主な道営事業の制度内容と対象事業を紹介しております。
 
事業制度
 
   下記に本道で実施している主な事業の制度内容を紹介します。

  クリックすると、事業内容をご覧頂けます。
 
○ 水田地域に対応した事業
 
   農地整備事業(経営体育成型、中山間地域型)   
   農業水利施設保全合理化事業 

○ 畑地地域に対応した事業
 
○ 酪農地域に対応した事業
 
   草地畜産基盤整備事業
 
○ 中山間地域に対応した事業
 
 
○ かんがい排水及び施設のストックマネジメントに対応した事業
 
   水利施設整備事業 
 ○ 防災に対応した事業
 
   農村地域防災減災事業   
 
 
 
 農村計画課のトップページに戻る