スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 農業経営課 >  認定農業者制度について


最終更新日:2016年7月04日(月)


認定農業者制度について




 

 認定農業者制度は、農業者の自主的な経営改善を支援する制度で、認定を受けた農業者が誇りと意欲を持って経営の改善・発展に取り組むことや、経営者としての自覚を高めることなどが期待でき、専業的な農業経営が主体の「食料供給基地・北海道」にとって、農業の安定的発展を図る上で、重要な取組となっています。

 道では、「北海道農業・農村ビジョン21」を平成16年3月に策定し、その中で示した取組姿勢に基づき、関係機関・団体と連携し、制度の一層の普及推進を図るとともに、農業者が支援策を効果的に活用しつつ、経営改善を円滑に進めることができるよう支援しています。

更新履歴


■27.3.1
 道内における平成26年3月末の認定農業者数を公表しました。

■27.11.10
 道内における振興局別認定農業者の認定状況(平成27年3月末現在)を公表しました。


お知らせ

■28.7.4
 道内における振興局別認定農業者の認定状況(平成28年3月末現在)を公表しました。

Contents
このページでは、認定農業者制度に関する様々の情報を提供しています。
認定農業者制度とは 認定農業者制度の概要について掲載しています。
経営改善計画とは 農業経営改善計画の概要について掲載しています。
農業経営改善計画認定申請書の様式をダウンロードできます。
認定対象者・認定基準・認定までの流れ

認定農業者になるための手続きなどについて掲載しています。

支援制度 全国、北海道及び市町村における認定農業者向けの支援施策等について掲載しています。
新着情報北海道における認定農業者の状況等 北海道における認定農業者の状況等について掲載しています。
北海道農業経営基盤強化促進基本方針 都道府県基本方針の概要及び北海道の基本方針について掲載しています。
市町村別基本構想策定状況 市町村基本構想の概要について掲載しています。

(問い合わせ先)
北海道農政部農業経営課経営体育成グループ
電話番号 011-231-4111(内線27-371)
Fax番号 011-232-4127

▲ページの先頭へ