スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 事業調整課 >  農政部独自運用


最終更新日:2008年8月26日(火)


農政部独自運用


農業農村整備事業等に係る電子納品

 

農政部独自運用について

 

【共通】

・ 農政部では、CALSのうち「成果品の電子納品」を先行して導入します。

・ 当面は、従来の紙成果品と電子成果品が混在し混乱が予想されるため、新たに「成果品目録」を作成しました。

・ 成果品の検査については、「電子納品検査ガイドライン」として独立して制定しました。

 

【委託業務】

・ 設計図面のオリジナル電子データを納品することとしました。保存場所も規定しています。

・ 設計図は、SXF(CAD)データの他に原寸PDFデータを納品することとしました。

・ 成果品の検査等の利便性を考慮して、当面の間、設計図面のA3判縮小図を紙で1部納品することとしました。

 

【請負工事】

・ 発注図電子データが要領等に準拠していない場合や紙による場合は、出来形図の電子納品は求めないことを明記しました。

・ 設計変更図の作成方法や名前付け等を規定しました。

・ 設計変更図や承認図の保存場所を規定しました。

・ 出来形図の寸法線や数値の描画色を規定しました。