スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 事業調整課 >  施行成績評定


最終更新日:2016年5月30日(月)

 

農業農村整備事業請負工事施行成績評定要領の
公表について

 道発注3部(建設部、農政部、水産林務部)は、公共工事における請負業者の適正な選定及び指導育成に資することを目的として、北海道請負工事施行成績評定要領等を定め、500万円を超える請負工事で評定を実施しています。

 工事施行成績評定に係る要領、要領の運用、基準及び評定結果については、「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」に基づき公表しています。

 工事施行成績の評定結果は、入札参加資格審査や総合評価方式で活用しており、重要性が増していることから、よりきめ細やかな技術力の評価により工事間の技術力の差を明確に評価するため、評価項目等の見直しを行い、平成22年4月1日以後に完成する工事から適用の改正を行いました。
 なお、営繕工事については、平成23年4月1日以後に完成する工事から適用の改正を行っています。


※「下請契約からの社会保障等未加入建設業者の排除等に係る事務手続きについて(平成28年2月26日付け建管第2566号)に関連して一部改正を行いました。

 土木工事用

「工事施行成績評定基準」の運用について
平成27年2月2日更新


農政部が発注する工事における施行成績評定については、上記「評定基準」等に加え下記の運用を試行しております。

  

※上記「施工特性の取扱い【別紙6】」の考え方については、                                  平成28年1月1日以降完成工事からの適用となります。
 


 ※Adobe PDFを閲覧、印刷するには、アドビシステムズ社のAdobe Readerが必要です。 アクロバットリーダーのダウンロードページヘ