スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 生産振興局技術普及課 >  北海道スマート農業シンポジウム


最終更新日:2016年3月17日(木)

      北海道スマート農業シンポジウムの開催

  
  <趣旨>

    担い手の高齢化や労働力不足が進む中、農作業の省力化や軽労化、精密化などの
      技術を取り入れたスマート農業の実現は、本道農業の将来を切り拓く上で不可欠なも
      のと期待されています。
    その推進は「食料・農業・農村基本計画」に位置づけられ、道内でも先進技術の開発・
   実証が数多く進められているところであり、今後はこうして実証された技術を農家にとっ
   て使いやすい技術に磨き上げ、地域農業の活力強化を図っていくことが重要な段階と
      なっています。
    そこで本シンポジウムでは、今後の国の施策の展開方向や道内における取組状況な
      どを広く関係者に紹介するとともに、ユーザーから見た利用上の課題や解決方向などに
      ついて検討します。

         <日時> 平成28年3月15日(火)13:15~16:45
         <会場> かでる2・7 大会議室(4階)
                (住所:札幌市中央区北2条西7丁目電話:011-204-5100)
        <テーマ> 「北海道におけるスマート農業の展開について」
         <参集> 行政、農業団体、民間企業、一般(どなたでも参加いただけます。)

  <内容>

   1 挨拶
   
   2 基調講演

     「スマート農業実現に向けた施策の展開について」
              農林水産省生産局技術普及課
                                  課長補佐      角張  徹 氏

   3 報告
   
    (1)「GPSガイダンスシステム・センシング技術等を活用した先端技術の紹介、
      技術開発の動向について」
               国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
                 北海道農業研究センター
                                 上席研究員     村上 則幸 氏

    (2)「道内の現地実証事例と今後の道の取組について」
               北海道農政部生産振興局技術普及課
                                 主幹(研究連携)   大塚 真一

    4 パネルディスカッション

     「先進農業技術の利用上の課題と解決方向」

    【コーディネーター】
      北海道立総合研究機構農業研究本部北見農業試験場 場長   竹中 秀行 氏

    【パネラー】

      生産者  音更町 三浦農場                    代表   三浦 尚史 氏
         生産者  北見市 農業生産法人
                  (株)イソップアグリシステム     事業部長    金崎 拓也 氏
         農林水産省生産局農産部技術普及課                   課長補佐       角張  徹  氏
         農研機構 北農研センター                               上席研究員    村上 則幸 氏
         道総研 十勝農業試験場                                  研究主任   原   圭祐 氏
         網走普及センター美幌支所                 専門普及指導員     笠原 亮平 氏

   5 閉会
            

   ○ シンポジウム案内(プログラム)