スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 食関連産業室 >  ヘルシーDo(北海道食品機能性表示制度)

北海道の分類: 産業・経済 > 商工業・企業立地・エネルギー > 商業振興

最終更新日:2018年11月01日(木)

 認定マーク

ヘルシー

  

 「ヘルシーDo」は、北海道庁が創設した健康志向の食品のブランドであり、平成25年に全国で初めて実現した「自治体版の機能性表示制度」です。   

   北海道内で製造され、且つ機能性成分についての科学的な研究が行われた食品には、パッケージ等に北海道庁が認定する「ヘルシーDo」のマークを表示することができます。

 ヨーグルトや豆腐のように毎日食べられるもの、チョコレートやアンパン、コーヒーなどといった手軽におやつにできる食べ物、スープ、ドレッシング、数の子などといった食卓に一品追加できる食べ物、機能性成分を直接摂取できるサプリメントなど、これまで57社から106商品(平成30年9月現在)もの加工食品が「ヘルシーDo」に認定されています。

ヘルシーDoの主な特長・強み

・食の「北海道ブランド」に、さらに「健康価値」を付けられること。(健康食品に「北海道ブランド」を付けられること)   

 ・食の機能性について「ヒトを被験者とした機能性に関する試験」が行われていること。(一定水準の科学的な根拠があること)

 ・既に研究が行われた機能性成分を活用して認定を受けられること。(必ずしも自社で研究する必要がなく、道内企業が参入しやすいこと)

 ・要件を満たす場合には、機能性表示食品との併記もできること。

  ・健康に配慮した商品がひと目でわかること。

 ※ただし、「ヘルシーDo」は、特定保健用食品等とは異なり、効果効能を表示することはできません。 

【新着情報】
(30.11.1) 【NEW!】 
〇平成30年11月1日(木)から、ヘルシーDoの第12回申請の受付を開始します。       
    申請受付期間  平成30年11月1日(木)から平成30年11月30日(金)
             ※郵送の場合は、平成30年11月30日までの消印有効

    [申請の様式等]  
      ・認定申請書 (WORD)     
      ・情報公開に関する同意書 (WORD)       
      ・誓約書 (WORD)       
      ・食品衛生法に基づく営業許可に関する申立書(営業許可が不要である場合) (WORD)  
      [参考例示] 申請商品の概要 (EXCEL)

(30.09.07) 【NEW!】 
〇ヘルシーDoの第11回の認定商品が決定しました!    
     → 第11回ヘルシーDo認定商品一覧(PDF)
  → 全認定商品一覧(第1~11回)(PDF) 

(29.7.21)
〇ヘルシーDoフェイスブックページがオープンしました!→こちらからいいね! (外部リンクへ)

(29.3.31) 
〇要綱・要領の一部改正を行いました。
 [改正のポイント] 「北海道食品機能性表示制度委員会」の名称を「北海道食品機能性表示制度懇談会」に変更するとともに業務内容等を改正。

(27.9.18) 
〇「北海道食品機能性表示制度運用要綱 逐条解説」及び「北海道食品機能性表示制度Q&A」を改定しました!これまで、ヘルシーDoでは、いわゆる道内製造要件について「最終製造工程」が道内で行われることを条件に、道内で対応出来ない一部工程の道外委託を可能としていましたが、具体的に何が「最終製造工程」かを明らかにするため、「北海道食品機能性表示制度運用要綱 逐条解説」及び「北海道食品機能性表示制度Q&A」の該当項目(いずれも11番)を、次のとおり改定しました。なお、この解釈については、第6回申請受付分から適用します。

(27.6.12) 
〇新たに「ヘルシーDoロゴ」を導入します!
   一目でヘルシーDoであるとわかり、健康でいられる体づくりの食品であることがイメージできるよう、認定マークに加え、新たに以下の「ヘルシーDoロゴ」を導入することとしたのでお知らせします。

ヘルシー

 なお、ご使用いただけるのはヘルシーDoの認定商品のみです。使用上の注意点など詳細は以下のファイルをご参照ください。
   → 北海道食品機能性表示制度(ヘルシーDo)の新たなロゴの導入について
(27.4.1)
〇制度要綱・要領の一部改正を行いました。
 ・道外企業から道内工場への委託製造(いわゆる道外OEM)の解禁
 ・機能性表示食品制度との併記方法・関連規定の追加
 ・様式修正等、運用要領の一部改正

(27.3.3)
〇ヘルシーDoの名称・認定文言等の外国語仮訳(中・韓・露)を追加しました!

(26.9.17)
〇複数の機能性成分・素材を含有する申請案件への審査方針を策定しました。

北海道経済部食関連産業室研究集積グループ

1.制度
1ー1.申請について
認定商品の募集時期は、5月と11月の2回です。申請を希望される企等をご一読のうえ、申請願います。
   ・北海道食品機能性表示制度運用要綱 [最終改正:H29.3.31]
 ・北海道食品機能性表示制度手続要領 [最終改正:H27.4.1]
 ・北海道食品機能性表示制度Q&A [最終改正:H29.3.31]
 ・北海道食品機能性表示制度運用要綱逐条解説 [最終改正:H29.3.31]
 ・複数の機能性成分・素材を含有する申請案件への審査方針

1ー2.パッケージに表示される文言
  『この商品に含まれる〇〇(成分名)については、「健康でいられる体づくりに関する科学的な研究」が行われたことを北海道が認定したものです。(この表示は、北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区における国との協議に基づき、北海道内で製造された製品に限り認められたものです。)』
 また、商品パッケージには上記文言のほか、道の認定マーク(マーク仕様など関係要領はこちら(PDF))も併せて表示されます。  
 ※認定マークは登録商標(登録第5609692号)です。認定を受けた商品以外には使用できません。  
 ※ヘルシーDoの名称・認定文言等の外国語仮訳(英語、中国語(簡体字)、韓国語、ロシア語)は以下をご参照ください。なお、ヘルシーDoの認定文言について、現行表示制度の中で認められているのは日本語のみであり、英語はあくまでも輸出向けの仮訳であること、また、認定文言も含め一切の食品上の表示については各事業者の皆様の責任において、各国の規制に従って表示することが必要ですのでご留意ください。  
  → 中国語(簡体字(PDF) 
  → 韓国語(PDF)  
  → ロシア語(PDF) 
  → 英語(PDF)

1ー3.よくあるご質問
Q1.認定の対象となる商品は?
A1.道内で製造された機能性素材を使用して商品を道内で製造し、製造事業者が自ら販売する加工食品です。
Q2.薬やトクホ(特定保健用食品)との違いは? 
A2.薬と違い、病気の治療や予防を目的としません。
  また、トクホと違い、例えば「脂肪の吸収を抑える」といった特定の健効果や効能は表示しません。
  道の制度は、商品に含まれる成分について、「健康でいられる体づくりに関する科学的な研究」が行われた事実があるという情報を消費者の皆様へお伝えするものです。

2.フェア・展示会
・「ヘルシーDoフェア」を開催します。(平成29年10月18日~24日) <終了>

3.その他
・「ヘルシーDo応援プロジェクト美人ランチ」開催のご案内(期間) 
 →札幌市内14店舗で平成30年11月1日(木)~11月30日(金)
       詳細はこちら

【お問い合わせ】
    北海道 経済部 食関連産業室 研究集積グループ 
    担当:島崎、臼杵、岩寺
  TEL:011-204-5226(直通) 又は 011-231-4111(内線26-264)
  FAX:011-232-8860