北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特別区域協議会の設置について 

 

 札幌市、江別市、帯広市、函館市および北海道経済連合会は、平成22年9月、国の新成長戦略に基づく総合特区制度の提案募集に対し、我が国における「食に関する中核的国際戦略拠点」の形成を目的とし「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区(以下「本特区」と言う。)の共同提案を行いました。

 道では、平成23年2月1日に共同提案5者とともに、経済団体、大学、試験研究機関等で構成する「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区構想推進協議会」を設立し、本特区構想の実現に向けて取組を進めてきました。

 総合特別区域法第19条第1項に基づく国際戦略総合特別区域協議会に移行すべく、協議会を開催し規約の改正を行い、今後は名称を「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特別区域協議会」に改め、総合特区の指定申請に向けた取組等を進めてまいります。 

1 協議会概要

 (1)名称

   北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特別区域協議会

 

 (2)構成員

   北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特別区域協議会規約別紙のとおり

    ・規約及び別紙        → こちら

    ・設置地域連絡会要綱及び別表 → こちら

2 協議事項

   ○「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特別区域協議会」規約について

   ○「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区」指定申請書について

連絡先
  北海道経済部食関連産業室研究集積グループ
   〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目 北海道庁本庁舎9階
          TEL 011-204-5226(直通)  011-231-4111(内線26-823)
          FAX 011-232-8860