スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 障害者職業能力開発校 >  プログラム設計科の訓練内容(障害者職業能力開発校)


最終更新日:2012年4月27日(金)


プログラム設計科の訓練内容(障害者職業能力開発校)


TOPページに戻ります。
普通課程1年制 普通課程2年制 短期課程1年制
 
■  プログラム設計科
普通課程2年制 高卒以上 募集定員20名

●使う人”ユーザ”から、創る人”エンジニア”へ

・プログラム設計科ではどんなことを学べるの?
IT人材として就労するための基本的な知識・技能について学びます。学科では情報技術に携わる職業人が共通に備えておくべき基本知識から始め、ITエンジニアに求められる基本的な知識を学びます。実習ではプログラミング言語を用いたプログラミング、2年生になるとネットワークやデータベースを使うプログラミングを学びます。また、修了制作を通して、技術者として必要な素養を身につけます。

・目標とする資格取得
情報処理技術者試験(経済産業省)
C言語プログラミング能力認定(サーティファイ)
Javaプログラミング能力認定(サーティファイ)
技能士補


 クライアントサーバシステム構築実習201107
 【クライアント・サーバシステム構築実習】
基本的なサーバ構築の手法を学びます。
 組込みプログラミング演習
 【組込みプログラミング演習】
家電製品など、多くの製品に使われているマイコンへのプログラミング技術を学びます。


・プログラム設計科を修了するとどんな仕事に就けるの?
コンピュータシステムのシステムエンジニアやプログラマ、システムを運用するオペレーターなどの技術者の仕事があります。また、技術者以外のコンピュータを利用する仕事に就く方もいます。

 
・主な就職先
情報サービス業(システムエンジニア)
          
(プログラマ)
          (システム運用)
          (ユーザーサポート)
製造業、一般企業


■主なカリキュラム
●一年次  学科 820時間  実技 580時間
学科  
・情報数学 ・コンピュータ構成要素 ・システム開発 ・ネットワーク ・情報セキュリティ ・会計/財務
・情報工学概論 ・プログラム言語 ・アルゴリズム ・オペレーティングシステム

・情報マネージメント

   ・データベース
4月 3月
実技 ・コンピュータ  リテラシー       ・C言語         ・アセンブラ言語 ・Java言語
・表計算 ・HTML ・VisualBasic言語 ・設計制作
●二年次  学科 360時間  実技 1040時間
学科  
・応用数学 ・オペレーションズリサーチ ・マイクロコンピュータ
・法務/標準化 ・情報理論 ・マルチメディア
4 3
実技 ・プレゼンテーションツール ・オブジェクト指向プログラミ ング ・クライアント・サーバ システム構築
・表計算応用 ・PHP言語 ・組込みプログラミング ・修了制作