スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 障害者職業能力開発校 >  建築デザイン科の訓練内容(障害者職業能力開発校)


最終更新日:2011年7月08日(金)


建築デザイン科の訓練内容(障害者職業能力開発校)


TOPページに戻ります。
普通課程1年制 普通課程2年制 短期課程1年制
 
■  建築デザイン科
普通課程1年制 高卒以上 募集定員20名

●優しい生活空間を設計し、デザインする
 
 【建築製図】
製図用具の使い方から図面の見方、描き方まで建築製図規則の基礎から学びます。


・建築デザイン科ではどんなことを学べるの? 建築設計及びデザインに必要な計画、構造、施工、法規等の専門知識を学びます。木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造の設計製図及び建物パース技法を学び、手描きと建築CADを利用した技術を習得します。


 建築設計実習
 【建築設計実習】
製図及びコンピュータ操作の基本を学んでから、CADを利用した設計・製図へと進みます。

・建築デザイン科を修了するとどんな仕事に就けるの?
主な仕事としては建築図面を描くCADオペレーター、またはハウスメーカーや建設会社などで現場管理があります。

・目標とする資格取得
福祉住環境コーディネーター
2級建築士(修了後実務経験を経て)
木造建築士(修了後実務経験を経て)
技能士補


・主な就職先
CADオペレーター
現場管理

■主なカリキュラム
●学科 640時間  実技 760時間
学科   ・建築概論 ・建築構造概論 ・建築生産概論 ・関係法規
・木造建築設計実習 ・建築計画概論 ・建築設備 ・建築構造 ・建築計画
・安全衛生 ・関係法規 ・測量 ・構造力学 ・構造力学 ・建築施工法 ・建築設計
4月 3月
実技 ・木造建築設計実習 ・測量基本実習 ・鉄骨造建築設計実習 ・鉄筋コンクリート建築設計実習 ・透視図基本実習
・安全衛生作業法 ・機械操作基本実習 ・透視図基本実習