スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 障害者職業能力開発校 >  総合ビジネス科の訓練内容(障害者職業能力開発校)


最終更新日:2011年7月08日(金)


総合ビジネス科の訓練内容(障害者職業能力開発校)


TOPページに戻ります。
普通課程1年制 普通課程2年制 短期課程1年制
 
■  総合ビジネス科
普通課程1年制 高卒以上 募集定員20名

●確かな知識と技能をトータルに

・総合ビジネス科ではどんなことを学べるの? 一つは、簿記会計の総合的な処理知識と技能を習得します。もう一つは、パソコンの多面的活用に必要な知識と技能を習得します。

当科では上記の知識、技能を基本から身につけることができます。

・目標とする資格取得
簿記検定
ワープロ検定
表計算検定
技能士補


 簿記及び会計
 【簿記及び会計】
勘定科目に始まり財務諸表、原価計算と決算整理まで基礎から学びます。


・総合ビジネス科を修了するとどんな仕事に就けるの?
業種、業界を問わず幅広い事務職があります。
また、流通販売の知識を生かし、小売業の販売の現場もあります。
多様な求人企業に積極的な対応が可能となります。


・主な就職先
一般企業の事務
販売職
 
 【OA機器操作実習】
パソコンの各種アプリケーションを活用しビジネス文書作成、表計算処理等、事務に活用できる技術を身につけます。

■主なカリキュラム
●学科 600時間  実技 800時間
 
学科  
・事務一般 ・コミュニケーション概論 ・簿記及び会計
・OA機器 ・安全衛生 ・応接法 ・文書事務 ・OA機器操作法 ・プレゼンテーション概論
4月 3月
実技 ・事務処理基本実習 ・安全衛生作業法 ・応接実習 ・プレゼンテーション実習
・OA機器操作基本実習 ・コミュニケーション実習 ・簿記及び会計実習 ・OA機器操作実習