スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 労働政策局雇用労政課 >  有期契約労働者の雇用管理の改善報告書・ガイドライン(H20.7)


最終更新日:2015年7月16日(木)

「有期契約労働者の雇用管理の改善に関する研究会報告書及びガイドライン」について

 いわゆる非正規労働者には、パートタイマー、派遣労働者、契約社員等があり、雇用が不安定であることや職業能力の蓄積がなされないなどの問題が指摘されています。
 このうち、パートタイマー、派遣労働者については、それぞれ関係法令に基づき雇用管理の改善のための措置が講じられていますが、一週間の所定労働時間が通常の労働者と同一な有期契約労働者(フルタイム有期契約労働者)については、短時間労働者の雇用管理の改善に関する法律(パート法)等の法律の適用や、それに基づく支援措置等の対象として位置づけられておらず、雇用管理の改善への取組が十分に行われていない状況にあります。
 そこで、平成20年2月から「有期契約労働者の雇用管理の改善に関する研究会」が5回にわたり開催され、このたび報告書及びガイドラインが公表されました。

【報告書】
 有期契約労働者に関する現状及び課題について検討を行い、有期契約労働者の雇用管理に向けて、ガイドラインの策定を行うとともに、今後検討すべき課題として、次の項目を報告しています。
 1.事業主への周知・啓発
 2.中小企業事業主への総合的な支援の検討
 3.有期契約労働者の雇用管理改善に取り組む事例の収集・普及
 4.有期契約労働者に関する調査研究
 5.若者の正規雇用課の推進

【ガイドライン】
 有期契約労働者の雇用管理の改善のために、契約を毎回更新しているようなフルタイム有期契約労働者を主たる対象に、事業主が講ずべき必要な事項や配慮すべき取組として、次の項目を挙げ、ガイドラインに示しています。
  (1) 安定的な雇用関係に配慮した雇用環境の整備
  (2) 労働条件等の改善のための事項
  (3) キャリアパスへの配慮等(正社員登用)
  (4) 教育訓練・能力開発の機会の付与
  (5) 法令の遵守・法令の遵守のための体制の整備
  (6) 法令の周知

 報告書・ガイドラインの概要は、厚生労働省作成の次のPDFファイルをご覧ください。
 ・ 有期契約労働者の雇用管理の改善に関する研究会報告書・ガイドライン(概要版)(PDF)

 報告書全文については、厚生労働省の次のホームページからご覧ください。
 ・ 「有期契約労働者の雇用管理の改善に関する研究会報告書及びガイドライン」のとりまとめについて
   (H20.7.29 厚生労働省)

 ガイドラインの内容について説明したリーフレットです。
 ・ 有期契約労働者を雇用する事業主の皆様へ(H20.9 厚生労働省)
 ・ 雇用期間に定めのある労働者の皆様へ(厚生労働省)

【このページに関するお問い合わせ先】
 経済部 労働政策局 雇用労政課 就業環境グループ
 電話:011-204-5354