スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 労働政策局雇用労政課 >  労働災害防止のお願い

北海道の分類: 産業・経済 > 雇用・労働 > 就業環境の整備

最終更新日:2015年6月11日(木)


労働災害防止のお願い


         労働災害防止のお願い 


   労働災害をなくし、安心して働くことができる北海道とするため、これまで多くのみなさんと
一緒に努力してきましたが、平成22年における道内の労災死亡者数は94名を数えています。

  依然として働き盛りの方、また、将来のある若い方などの多くの尊い命が仕事をしている中で
失われていることは、まことに痛ましい限りです。

  道といたしましては、道民生活の安全を確保するという立場から、労働災害により毎年多くの
方が亡くなっていることは見逃すことができない事態であり、死亡災害を根絶することは、道行
政の重要な課題であると認識しております。

  また、労働災害による死亡者の約4分の1が交通事故を原因としていることも由々しき状況で
あり、交通死亡事故抑止の取り組みと併せて死亡災害の根絶に向けて取り組んでいく必要が
あります。

  北海道では、雪のない春から秋にかけて建設工事等が集中し、特に、発注が本格化する時
期と工事の追い込み期における労働災害の多発が懸念されます。

  労働災害をなくしていくには、自らの職場、自らの組織からは一人も犠牲者を出さないという
決意を、事業者、関係団体、働く人一人ひとりに持っていただき、それぞれの立場で具体的な
安全対策を講じ続けていくことが大切です。

  労働災害のない安心して働くことができる北海道を築いていくため、特に、次のことに取り組
んでいきましょう。

 

○ 団体の皆さん

・ 労働災害防止、交通事故防止を団体の重要な活動として位置付けてください。
・ 所属する人・企業・団体などに対して、機会ある毎に労働安全を周知徹底して

ください。

○ 事業者の皆さん

・ 仕事を行うときには安全の確保に配慮した適正な期間や方法で実施してくだ
 さい。
・ 安全管理者や労働者に安全指導を行い、具体的な安全対策を指示してくださ

 
い。
・ 事業所などにポスターや安全事項等、安全意識を向上させるものを明示してく

 
ださい。
・ 事業所を巡回するなど、仕事中の安全管理を徹底してください。

○ 道民の皆さん

・ 一人ひとりが、家を出るときから帰宅するまで、安全意識を忘れずに持ってく
 
ださい。
・ 家族や働く人同士が「安全で」と声をかけ合い、お互いの安全意識を確認して

ください。

 

〈問い合わせ〉
 経済部労働政策局雇用労政課就業環境グループ主査(勤労者福祉)
  電話 011-204-5354(直通)
      011-231-4111(内線26-470)
  FAX  011-232-0159