スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 計量検定所 >  あなたは、買い物で損をしていませんか?


最終更新日:2013年1月24日(木)


あなたは、買い物で損をしていませんか?


     あなたは、買い物で損をしていませんか?

       ~スーパーマーケット、小売店などの正しい計量について

 

         スーパーなどの食料品の販売店は、多くの商品をトレーや蓋付容器、ビニール袋、

     包み紙などに入れて目方(内容量)を表示し、100g当たり何円として販売しています。

       このトレーや蓋付容器、ビニール袋、包み紙などを風袋(ふうたい)といいますが、

     風袋は商品の目方からは除かなければなりません。

         例えば、国産牛肉やマグロ大トロなど単価の高い商品で、目方に風袋が含まれてい

     ると、余分に支払う代金が100円を超える場合があります。

       北海道計量検定所は、贈答品やお盆商品などで食料品の取引が増加する中元期の

     7月、8月及びお歳暮や年末年始などで食料品の取引が増加する歳末期の11月、12月

     に、特定市(札幌市、函館市、小樽市、旭川市、室蘭市、釧路市、帯広市、苫小牧市)

     管内を除く道内スーパーなどに赴き、商品の目方の表示や風袋引きが正しく行われてい

     るかを検査し、正しく行われていない場合は、改善するように指導します。

 

         商品の目方(内容量)に含まれないものは、たくさんあります。

 

      商品の目方に含まれない風袋には、トレー、プラスチック製蓋付容器、ラップ、ラベル、

      吸水紙、飾り付け用バランなどがあります。

      ラップで1~2g、トレーや蓋付容器では3~数十gの重さがあります。

      ワサビ、小袋醤油、ドレッシング、タレ、スープ、ツマなどの薬味・添え物も商品の目方

      には含まれません。

 

             【問い合わせ先】
       北海道計量検定所:011-572-1788
       函館支所:0138-47-9519 旭川支所:0166-46-4937
       釧路支所:0154-41-4019 北見支所:0157-23-5263
            
                  (参考) 一般社団法人 日本計量振興会の「計量のはなし」のページ外部リンクアイコン:外部リンクです。新しいウインドウで開きます。
                                               

                             市場風景