スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 環境・エネルギー室 >  新エネ施策懇話会について


最終更新日:2019年8月28日(水)

新エネ施策懇話会


目的

道の省エネ新エネ施策推進にあたり、平成30 年9 月に発生した大規模停電などを踏まえ、非常
時の備えとしても有効で我が国のエネルギーミックスにも貢献しうるといった新エネルギーの可能
性や、電力事情、出力変動やコストといった課題の把握とともに、課題に対する対応の検討が必要
となっています。
こうした可能性や課題の把握、今後の対応方向等の検討を行う為に必要となる事項について、エ
ネルギー分野に関する幅広い知見を有する者から意見を伺うため、「新エネ施策懇話会」を開催します。

検討事項

○災害発生時や平常時におけるエネルギーの現状把握
○ エネルギーの地産地消に関する課題整理
○ 「多様な自立モデルの実証・実践の地」に向けた検討
○ その他、新エネルギーの可能性・課題の把握、今後の対応方向等の検討のために必要な事項

開催要領・委員の構成

  懇話会の構成員は、開催要領の別表に掲げる学識経験者で構成します。

新エネ施策懇話会 開催状況

   第3回新エネ施策懇話会 平成31年3月25日(月)開催
   第2回新エネ施策懇話会 平成31年3月6日(水)開催
   第1回新エネ施策懇話会 平成31年1月18日(金)開催

新エネ概況等調査

2018年9月の大規模停電等を踏まえ、新エネルギーの可能性や課題を把握するため、アンケート、ヒアリングを実施しました。
本調査は、新エネ施策懇話会からの意見を参考にして実施しました。
  新エネルギー概況等調査結果報告書(概要版)
  新エネルギー概況等調査結果報告書


このページに関するお問い合わせ
   産業振興局環境・エネルギー室 省エネ・新エネG    

主幹 佐々木 潤

代表 011-231-4111(内線26-171)

直通 :011-204-5319