スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 環境・エネルギー室 >  条例(環境・エネルギー室)


最終更新日:2011年6月13日(月)


条例(環境・エネルギー室)


 

   北海道における特定放射性廃棄物に関する条例

 

 北海道は、豊かで優れた自然環境に恵まれた地域であり、この自然の恵みの下に、北国らしい生活を営み、個性ある文化を育んできた。

 一方、発電用原子炉の運転に伴って生じた使用済燃料の再処理後に生ずる特定放射性廃棄物は、長期間にわたり人間環境から隔離する必要がある。現時点では、その処分方法の信頼性向上に積極的に取り組んでいるが、処分方法が十分確立されておらず、その試験研究の一層の推進が求められており、その処分方法の試験研究を進める必要がある。

 私たちは、健康で文化的な生活を営むため、現在と将来の世代が共有する限りある環境を、将来に引き継ぐ責務を有しており、こうした状況の下では、特定放射性廃棄物の持込みは慎重に対処すべきであり、受け入れ難いことを宣言する。

 

   附 則

 この条例は、公布の日から施行する。

 

 (なお、公布の日は平成12年10月24日)


先頭ページへ戻る