スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 観光局 >  北海道ロケーション連絡室とは


最終更新日:2018年9月05日(水)

北海道ロケーション連絡室

道では、豊かな自然、景色などの本道が有する映像資源が、映画・ドラマ等の舞台として広く活用されることにより、地域の知名度の向上、映像産業の振興、ロケ地観光の促進、地域経済活性化につなげるために、ロケ支援活動に取り組んでいます。

また、よりきめ細やかなサービスを行う地域のロケ支援団体と協力を図りながら、広域的な支援体制の整備に向け、団体・市町村・道の連携を進めています。

道の支援内容

・道内のロケ候補地やエリアの情報を提供します。

・ロケ支援団体又は市町村など支援先の紹介を行います。

・道の管理する施設等について、受入に向けた調整を行います。

ロケ支援団体の支援内容

・地域内におけるロケ候補地の紹介を行います。

・他組織と連携した広域的な支援に取り組みます。

・民間施設等について、受入に向けた調整を行います。

・公的機関等への許認可申請をサポートします。

・エキストラ手配等の情報提供を行います。

・ロケハン・シナハンへの同行を行います。

・宿泊施設・弁当等の手配について相談に応じます。

市町村による支援内容

・市町村内のロケ候補地について情報を提供します。

・ロケ支援団体等の行う支援をサポートします。

問合について

下記の団体・市町村問合せ先より問合せ先に支援依頼を行ってください。候補地が絞り込まれている場合は、該当する地域のロケ支援団体や市町へ直接御依頼いただくとスムーズです。

   団体・市町村問合せ先

道内全域から候補地を探したい場合は、道(北海道ロケーション連絡室)あてに、ご依頼いただければ、候補地及び支援先の紹介を行います。(撮影支援の流れはこちら

・ロケ支援団体への支援依頼方法については、各団体のホームページにて事前にご確認ください。

・依頼内容や企画書等の作品概要については、支援先の調整にあたり、各団体・市町村と共有する場合があります。

フィルムコミッション(FC)とは

映画、テレビドラマ、CMなどのあらゆるジャンルのロケーション撮影を誘致し、実際のロケをスムーズに進めるための非営利公的機関で、国内では約100の機関が組織されています。多くが自治体内等に組織されており、国内ばかりでなく国際的なロケーション誘致・支援活動の窓口として、地域の経済・観光振興、文化振興に大きな効果を上げています。

フィルムコミッションの3つの用件

(1)非営利公的機関であること

 自治体や外郭団体、NPOや商工会であっても無償で制作支援を行います。撮影隊と金銭の授受を行わない関係を保つため資金援助、タイアップ協力はしていません。

(2)撮影のためのワンストップサービスを提供していること

 撮影に関する一元的な窓口を担い、ロケーション情報の提供や、公的施設等を利用する際の許認可調整を行います。

(3)作品内容を問わないこと

 全ての依頼作品を支援し、撮影の内容や規模によって優遇・拒否することはありません。それは作品の内容をFCが評価することになってしまいます。優遇されることを狙ったり拒否されることを恐れたりして作品内容が自主規制されるような結果になれば、映画にとって最も大切な「表現の自由」を制約することになりかねません。ただし、ロケ地の使用については管理者によって断られることがあります。 

ジャパン・フィルムコミッションウェブサイトより抜粋          

  

<トップページへ>


このページに関するお問い合わせ
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
北海道経済部観光局 北海道ロケーション連絡室
電話番号:011-241-3230
FAX番号:011-232-4120
メールアドレス:seisaku.fc@pref.hokkaido.lg.jp