スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 観光局 >  マリンツーリズム地域事例


最終更新日:2009年3月09日(月)


マリンツーリズム地域事例


地域の取組事例

標津町

エコ・ツーリズム交流推進協議会

取組の概要  地域の基幹産業である漁業、農業と商業、観光業等の地域産業関係者が中心となって、エコツーリズム協議会を発足。
 イクラづくり、新巻づくり、荷揚げ見学、アザラシウォッチング、酪農体験等30種近くの体験メニューを設定し、自由に選択・参加できる。
 また、協議会では、旅行代理店や航空会社へのPRとツアーの誘致、体験ガイドの養成講習会の実施、来町者受け入れに際しての事前現地調査等の受け入れ等様々な活動を行い、観光客の誘致と受け入れ対応の質の向上を図っている。
サーモンフィッシング 荷揚げ見学 アザラシウォッチング
釣り 荷揚げ azarasi
イクラづくり 新巻鮭づくり 波止場釣り
イクラ 新巻さけ 釣り
連絡先 エコ・ツーリズム交流推進協議会(標津町商工観光課内)
所在地 〒086-1632北海道標津郡標津町北2条西1丁目1-3
電話/FAX TEL:0153-82-2131/ FAX:0153-82-3011
HP http://www.shibetsutown.jp/kandou/
mail kankou@shibetsutown.jp
体験メニュー等 漁業体験 新巻鮭、イクラづくり体験(8~11月) 3,500円~
サケ荷揚げ見学(9~11月) 1,200円
アウトドア サーモンフィッシング(8~11月)
渓流釣り(6~10月)
波止場釣(5~11月)
アザラシウォッチング(4~10月)
その他見所 世界のサケの仲間がいる「標津サーモン科学館」

アウトドア体験、サケやホタテを味わう味覚体験も楽しめます。


寿都町

寿都町漁業協同組合

取組の概要  寿都町では、魅力ある産業をつくり出し、都市から人を呼び込むことで地域に賑わいを取り戻すことを狙いに、寿都町ツーリズム産業団体連合委員会を発足。「ふるさと祭り」「おさかな市」のイベントの展開、札幌や小樽の中学生を受け入れて「漁業体験学習」を実施している。。
 また、後志の「地域産業体験」を行っている(有)マルベリーと寿都町漁業協同組合が連携し、漁船乗船体験や加工場・養殖場見学などを通じて、「漁業の仕組み・海の大切さ」を体感できる漁業体験プログラムを提供している。主に道外の修学旅行を受け入れているが、少人数で参加できる個人向けプログラムもある。
市場見学 漁船体験乗船 ホタテ水揚げ体験
itiba gyosen hotate
連絡先 寿都町漁業協同組合
所在地 〒048-0404 寿都郡寿都町字大磯町20番地
電話/FAX TEL0136-62-2555/FAX0136-62-3603
HP http://www.jf-suttu.com/
mail
体験メニュー等 漁業体験 漁船の乗船体験、地引き網体験
魚介類の加工場・養殖場・漁協の直売場見学
ホッケのかまぼこづくり、魚や貝の捌き方
学習等 港の学習、海のまち探索
サケの遡上見学・洋食・生態のメカニズム
魚釣り体験、磯遊び体験(磯の生物の採取・観察)
その他見所


寿都町漁業協同組合直売所で新鮮な海の幸や加工品を販売

周辺町村の農業体験など
 (有)マルベリー http://sahina-mulberry.com/mulberry/index.html