スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 観光局 >  「稼ぐ観光」具体化調査実践モデル事業委託業務に係る


最終更新日:2018年4月06日(金)

「稼ぐ観光」(※1)具体化調査実践モデル事業委託業務に係る
公募型プロポーザルの実施について

平成30年3月26日
経済部観光局

 観光が地方創生の柱に位置づけられている中、地域の「稼ぐ観光(※1)」を促進するため、道では、地域における観光で「稼ぐ力」を伸ばす取組を支援するモデル事業を実施します。
 地域にある観光客が多く訪れる観光拠点(※2)において、アンケートなどの統計調査等によって得られたデータに基づき、来訪客増加、消費拡大(売上増加)、域内循環の促進などを目標とし、「(仮称)稼ぐ観光具体化事業計画」の策定を行う事業について、提案を募集します。
 このため、北海道経済部観光局では、次のとおり「稼ぐ観光」具体化調査実践モデル事業委託業務に係る公募型プロポーザルを実施する旨、公告しました。

※1…稼ぐ観光とは、観光客を地域に呼び込み、地域での消費を高め、その消費を地域内で循環させ、地域経済の活性化を図ること。
※2…観光拠点とは、道の駅等、来訪者や地域住民など誰もが利用する「休憩機能」、地域の魅力を伝える「情報発信機能」、特産品の販売や体験メニューの提供など来訪者と地域を結びつける「地域連携機能」を有する施設のこと。

1.応募方法
 (1)公告文に規定する応募資格があります。
  応募を希望される方は、参加表明書及び必要な添付書類を期限までに提出してください。
 (2)応募資格の確認後、企画提案書の提出を要請いたしますので、
  企画提案書及び必要な添付書類を期限までに提出してください。

2.プロポーザル説明・提出書類等
 業務内容につきましては、次の書類をご確認ください。
 1.公告文
 2.企画提案指示書
 3.参加表明書・申出書様式(提出様式/参加表明は終了しました。)
 4.誓約書様式(提出様式/参加表明は終了しました。)
 5.企画提案書様式(提出様式)
 6.適用除外申出書(該当がある場合/参加表明は終了しました。)
 7.コンソーシアム協定書(例)(該当がある場合/参加表明は終了しました。)
 (企画提案指示書・別紙)参考調査票(最低限集めたい情報の一覧です)

3.契約締結までのスケジュール
 ・平成30年3月26日(月)公告・説明書配布
 ・平成30年4月6日(金)参加表明書の提出期限(必着)
 ・平成30年4月13日(金)企画提案書の提出期限(必着)
 ・平成30年4月中旬(予定)プロポーザル審査会
 ・平成30年5月上旬(予定)契約締結・業務開始

4.モデル地域の選定
 別途、道が募集・選定します。詳しくは、こちらをご覧下さい。


このページに関するお問い合わせ
北海道経済部観光局観光戦略グループ 担当:小林
電話番号:011-231-4111(内線:26-564)
FAX番号:011-232-4120
メールアドレス:kobayashi.ryoutarou*pref.hokkaido.lg.jp
※迷惑メール防止のため@を*としています。