スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 観光局 >  アウトドアQ&A


最終更新日:2016年3月14日(月)


アウトドアQ&A


【アウトドアQ&A】

 

yama

 

Q1 フィールドのガイディングツアーに参加する時の注意事項はありますか?

A.高齢者や子供連れのファミリーでも基本的には参加できますが、レベルにより制限を設けている場合もあります。ただし、他の参加者とともにグループで行動する場合もありますから、ガイドに自分たちの体力や能力、経験の有無などを十分に伝えておくことが必要です。自分勝手な行動をとらず、ガイドの指示に素直に従うことが全ての基本というこになります。持ち物等、不安な点は全て相談して解決しておきましょう。

Q2 持ち物や服装はどうしたらいいのですか?

A.アウトドアの種類、行き先の難易度や気候、日程などによって大きく変わります。北海道では夏でも高地になると気温は相当下がると考えて下さい。気温の変化に対応するためには何枚かを重ね着して調整することをお勧めします。いずれにせよ現地の天候を調べておくことが重要です。事前に持ち物・服装をリストアップしておき、忘れ物がないかチェックしてください。
Q3 アウトドア体験が楽しいことはわかりますが、危険はありませんか?

A.全く危険のないアウトドア活動はありません。登山やラフティングなど、また北海道の冬期間での活動には危険が伴うと考えてください。しかし、これらの危険に対しても事前の準備と慎重な行動によって十分対処することができます。現地の情報を収集し、天候を調べ、ガイド等の注意を守ることで楽しいアウトドア活動を行うことができるでしょう。また、天候状況などにより、ツアーの中止や変更をガイドが判断する場合があります。決して無理をせず、指導者の指示に従ってください。
Q4 私は泳げません。カヌーやラフティングなど川や湖で行うアウトドアに参加できますか?

A.いずれも救命具を装着することで参加できます。ただし、万一水に濡れたときに、着替えることのできる服装を用意しておくことが必要です。また、濡れることを考慮すると化学繊維の服の方がいいようです。
Q5 傷害保険などに入っていたほうがいいでしょうか。その場で加入することができますか?

A.登山などの危険度の高いツアーでは、保険に入ることを勧められる場合が多いようです。多くの場合、その場で加入することができますが、事前に検討しておくほうがいいでしょう。
Q6 認定ガイドとはどういうものなのですか?

A.北海道独自の認定基準によって、一定レベル以上の知識・技術・経験の能力を認定された、アウトドアガイドのエキスパートです。

トップページへ戻る