スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 産業振興局科学技術振興室 >  北海道宇宙ビジネスセミナー(12月6日(木))を開催します。

北海道の分類: 産業・経済 > 新産業・科学技術 > 科学技術

最終更新日:2018年12月03日(月)


北海道宇宙ビジネスセミナー


「北海道宇宙ビジネスセミナー」を開催します

image

< リーフレット download >


<開催趣旨>
 北海道及び北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会では、道内外の宇宙産業を紹介することにより、企業等の宇宙ビジネスへの関心を高めることを目的として、道内の企業等を対象に、宇宙ビジネスセミナーを開催します。

 インターステラテクノロジズの稲川社長と北海道大学の永田教授から、大樹町を拠点に開発されている小型ロケットMOMO3号機についてご紹介いただくほか、東京の宇宙ベンチャーALEの岡島社長を講師にお迎えして、世界発の人工流れ星ビジネスについてご紹介いただきます。

 参加無料となっておりますので、皆様の御参加をお待ちしております。

 ○主催 :北海道、北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会

   共催 :北海道衛星データ利用ビジネス創出協議会

   協力 :No Maps 実行委員会


 ○日時:平成30年12月6日(木)13:30-15:30(※13:00開場)


 ○会場:札幌ガーデンパレス2F  孔雀・白鳥2 (札幌市中央区北1条西6丁目)
   https://www.hotelgp-sapporo.com/access/


 ○参加費:無料



 ○プログラム
 ◆講演 13:30-14:40

 ・・・講演・対談・・・

   「続ける宇宙への挑戦、MOMO3号機の打上げに向けて」

    インターステラテクノロジズ 代表取締役CEO 稲川 貴大 

    北海道大学大学院工学研究院 教授 永田 晴紀 氏

  - インターステラテクノロジズ  -
   大樹町を拠点に活動するロケットベンチャー。
   2017年夏から宇宙空間(高度100km)に達する観測用ロケットの打上げに挑戦。
   現在、MOMO3号機を開発中。


 ・・・講演・・・

   「人工流れ星が切り開く未来 ~ サイエンスとエンターテインメントの両立 ~ 」

    ALE 代表取締役社長 岡島 礼奈 氏                                             

  - ALE (エール) -
   「人工衛星を用いて人工的な流れ星を作る」世界初の民間宇宙企業。
   エンターテインメントを通じて、基礎科学分野に貢献することミッションに掲げ、
   2020年春に人工流れ星の初回実施を目指す。本社東京。


 ◆パネルディスカッション 14:45~15:30
  テーマ:「拡がる!宇宙ビジネス」

  モデレータ:北海道大学公共政策大学院 教授 鈴木 一人 氏

  パネラー :インターステラテクノロジズ代表取締役CEO 稲川 貴大 氏
          ALE 代表取締役社長 岡島 礼奈 氏
          北海道大学北極域研究センター長 齊藤 誠一 氏
          ((株)グリーン&ライフ・イノベーション顧問)
         

○申込方法
 次のいずれかから、氏名、フリガナ、所属、メールアドレス、住所、電話番号をお知らせください。 
 1)申込みフォームからのお申込み:http://www.hokudai-rbp.jp/rbp_event/4149/
 2)メールでのお申込み:sangaku@noastec.jp(@は半角に書き換えてください)

○申込みに関するお問い合わせ
 北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会事務局
 〒001-0021 札幌市北区北21条西12丁目 コラボほっかいどう
 公益財団法人北海道科学技術総合振興センター 産学連携支援部(担当:中川・小野)
 TEL:011-708-6536 E-mail:sangaku(at)noastec.jp((at)は@に書き換えてください)
 



【本件に関するお問い合わせ先】
 北海道経済部産業振興局科学技術振興室(担当:北風、渋谷)
 TEL:011-204-5127
 E-mail:sogo.kagi1@pref.hokkaido.lg.jp