スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 産業振興局科学技術振興室 >  科学技術振興室の業務概要


最終更新日:2018年4月26日(木)


科学技術振興室の業務概要


科学技術振興室の業務概要

 科学技術の振興は、本道の経済の活性化と自立的発展、安全で安心な生活基盤の創造及び環境と調和した持続的な社会の実現に寄与するものであり、道の総合計画においても、本道の活性化に役立つ科学技術の振興に取り組むこととしています。
 また、道では、本道における科学技術水準の向上や新たな経済的・社会的価値の創出を目的として、「北海道科学技術振興条例」(平成20年4月施行)を他の都府県に先駆けて制定するとともに、この条例に基づき総合的、計画的に施策を推進するため、科学技術の振興に関する基本計画を策定し、総合計画の特定分野別計画に位置づけています。
 この計画においては、「研究開発の充実及び研究成果の移転等の促進」、「道における研究開発等の推進」、「産学官金等の協働の推進」、「知的財産の創造、保護及び活用」、「科学技術を支える人材の育成・確保及び科学技術コミュニケーション活動の促進」の五つを基本的施策として位置づけ、関係機関と連携しながら、総合的かつ計画的に取組を進めています。
 さらに、本道の工業技術の高度化を促進するために函館地域の中核的試験研究機関として整備した道立工業技術センターの運営など高度技術産業の集積活性化を図るとともに、新製品・新技術開発などの取り組みを支援しています。

科学技術振興の環境づくり
   科学技術に親しみ、ふれあう機会を通じて、道民の科学技術に対する理解を深め、青少年の科学する心を育むため、企業や研究機関等と協力して研究成果等をわかりやすく紹介し、気軽に見学・体験できる催しを開催するとともに、青少年のための科学体験学習行事への支援などを行います。
 また、優れた発明、研究などを行い、道民生活の向上と地域産業の発展、振興等に寄与した個人又は団体に対して、北海道科学技術賞を、本道を主な拠点として本道の発展に寄与する科学技術上の優れた発明、研究等を行い、今後の活躍が期待される若手研究者に対して北海道科学技術奨励賞を贈呈します。
   
研究・技術開発の拠点づくり
(1) 「北大 リサーチ&ビジネスパーク構想」の実現のため、北大北キャンパスを中心とした産学官連携によ
  る研究開発から事業化までの一貫した取組や、公益財団法人北海道科学技術総合振興センターと連携
  して産学官が行う科学技術の基礎的研究や応用研究を支援します。
(2) 航空宇宙分野の研究開発や実験が、道内で一層行われるように誘致活動等に取り組むとともに、新し
  い成長分野である宇宙産業の育成を図るため、企業や研究機関、行政等で構成する協議会を設置し、衛
  生データ利用分野における新ビジネス創出を促進します。
   
産学官による協働の推進
   道内各地でコーディネート活動を推進するため、産学官連携担当者等による情報・ノウハウの共有や意
  見交換を目的に、「全道産学官ネットワーク推進協議会」を運営します。
   また、大学等の研究機関、支援機関、金融機関などで活動しているコーディネータ間の連携を図るため、
  「北海道コーディネータ・ネットワーク・フォーラム」を開催します。
   
知的財産施策の推進
 道内企業の競争力を高め、自立型経済への転換を図るため、「北海道科学技術振興計画」に基づき、知的財産の創造、保護、活用という知的創造サイクルの確立に向けた各種施策を展開します。
 特に、平成17年7月に北海道経済産業局と共同で設置した、道内の知的財産関係29機関からなる「北海道知的財産戦略本部(本部長:知事)」における取組方針や「北海道知的財産戦略推進計画」を踏まえ、全道の関係機関が共通認識の下に、一体となった取組を推進します。
 また、北海道知財総合支援窓口、(一社)北海道発明協会、日本弁理士会北海道支部及び北海道知的所有権センターの4機関の連携により、相談者の側に立ったワンストップサービスを実現するため、平成17年7月に開設した「北海道知的財産情報センター(札幌市)」及び同センターサテライト(函館、帯広、北見、旭川、釧路、苫小牧、室蘭、札幌大通)の利用を促進します。
   
産業技術の高度化の推進
 

  本道のものづくり技術の向上による競争力強化に向け、道立工業技術センターに試験研究機器を整備し、研究開発を行うとともに、(公財)室蘭テクノセンター、(公財)道央産業振興財団、(公財)函館地域産業振興財団、(一財)旭川産業創造プラザ、(一財)北見工業技術センター運営協会、(公財)とかち財団、(公財)釧路根室圏産業技術振興センターといった地域産業支援機関と連携した技術支援等を行い、新技術・新製品開発による道内中小企業等の販路拡大及び地域の資源や技術・ネットワークを活かした取り組みを支援します。                     


|| 科学技術振興室のトップページに戻る ||