スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 産業振興局科学技術振興室 >  北海道の知的財産について

北海道の分類: 産業・経済 > 新産業・科学技術 > 科学技術

最終更新日:2018年5月25日(金)

知的財産の創造、保護及び活用

 道は、新技術・新産業の創出による産業競争力の強化を図るため、独自の技術や付加価値のもった商品を創造し、知的財産として戦略的に保護・活用するための各種施策の展開を全道の関係機関と一体となって推進しています。

◆ 知的財産と知的財産権について
  知的財産とは、知的創造活動によって生み出される発明や考案、デザイン、著作や事業活動に用いられる商品等の表示、営業秘密などの技術・営業の情報など、財産的価値をもつ情報のことをいいます。
  これらは、目に見えない無形の財産であり、他人による模倣や盗用が容易であることから、発明者等の権利を保護する必要があります。このため、知的財産を創造した発明者等の権利を保護し、一定期間、独占的排他的に使用できる権利(=知的財産権)が法律によって与えられています(特許権や実用新案権、意匠権、著作権、育成者権、商標権など)。

ドーチョくんドーチョくんドーチョくん

 ◆新着情報

  ◆北海道の知的財産戦略について

        <参考> 平成16年6月策定の「北海道知的財産戦略推進方策」

 ◆知財マネジメント普及モデル事業

道内中小企業における知財活用促進のため、弁理士が個別に無料コンサルティングを行うモデル事業に取り組んでいます。

「知財マネジメント」とは・・・「知的財産」を自社の重要な資源であると位置付けて、経営や事業に反映させることを目的に、効果的に活用・管理すること

「何から手を付けて良いか迷っている」
「自社に技術に価値があるのか?」
「ブランド展開するには?」
「自社の技術をうまく活用できないか?」
等、ご要望にあわせて解決手段の提案や知財戦略についてのアドバイスをさせていただきます。お気軽に問い合わせください。 (説明チラシ)   

 ◆地域ブランドについて

 ◆冒認出願対策について

 ◆人材育成や知財教育の取組



  

 ◆関係機関の紹介

 ◆関係先

大 学   団 体
北海道大学産学・地域協働推進機構 (財)北海道科学技術総合振興センター
北見工業大学社会連携推進センター (財)北海道中小企業総合支援センター
室蘭工業大学地域共同研究開発センター (独)中小企業基盤整備機構 北海道支部
帯広畜産大学地域連携推進センター
小樽商科大学グローカル戦略推進センター
日本弁理士会北海道支部
日本知的財産仲裁センター
東海大学
札幌医科大学附属産学・地域連携センター 公設試験研究機関
千歳科学技術大学 道立試験研究機関
東京農業大学生物産業学部   (地独)北海道立総合研究機構
北海学園大学ハイテク・リサーチ・センター (独)産業技術総合研究所北海道センター
北海道科学大学

     

   

 

行政機関
北海道経済産業局
特許庁

 【問い合わせ先】
 経済部産業振興局科学技術振興室 知的財産グループ
  TEL:011-231-4111(内線)26-834 (直通)011-204-5128
  E-mail sogo.kagi1※pref.hokkaido.lg.jp 
送信の際は「※」を「@」に置き換えて下さい。