スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 労働政策局人材育成課 >  第1回北海道産業人材育成企業知事表彰受賞企業等のご紹介


最終更新日:2017年12月04日(月)


第1回北海道産業人材育成企業知事表彰受賞企業等のご紹介


北海道産業人材育成企業知事表彰

受賞企業等のご紹介

 

 

 

第1回(平成24年度)受賞企業等

 

 

 ・社会福祉法人さつき会  (鷹栖町)

・曲イ田中酒造株式会社 (小樽市)

・株式会社土谷製作所  (札幌市)

(五十音順)

 

dai1kaishuugoushashin

                      (平成24年11月20日第1回北海道産業人材育成企業知事表彰表彰式)

 

 

 

 

 

【団体名(市町村名)】

 社会福祉法人さつき会 理事長 木津 真庭 (鷹栖町)

 http://www.satsuki-kai.jp/

【概要】

・社会福祉事業、介護保険事業

・昭和63年に特別養護老人ホーム鷹栖さつき宛を開設

・現在は通所、訪問、グループホーム、小規模多機能型居宅介護など9つの事業所を運営

 

さ

【人材育成の取組】

・当該法人のビジョンである「働きがいとやりがいのある職場づくり」の実現を図るため、平成22年度から「人材育成システム改善3か年計画」を策定し取組を進めている。

・エルダー制度()により、入社後2か月間は週1回の短時間面談を実施し新人の緊張と不安を取り除きながら、必要な知識・技術を身に付けられるよう1年間OJTやOFF-JTを実施している。

   (※)採用後、先輩職員がマンツーマンで教育・サポートにあたること。

・1回20分程度の面談において、徹底して上司が部下の「不安・悩み・困りごと・上司への要望」に耳を傾け、悩みが軽減・解決されるよう具体的な助言、上司自身の行動改善、業務改善を図っている。

・法人独自のキャリアパスにおいて役割資格、昇格基準要件、受講すべき研修、取得すべき資格等が明確にされており、必要とされる能力開発が可視化されている。

 

【メッセージ】

・経営理念「私達は、社会福祉事業と通じて地域社会・住民にとってなくてはならない存在であり続ける。」

・人材育成基本理念「教育とサポートを通じて、一人ひとりの可能性を生かす」

 

 

 

 

 

【団体名(市町村名)】

曲イ田中酒造株式会社 代表取締役 田中 一良 (小樽市) 

http://tanakashuzo.com/     

 

【概要】

・酒類・食料品の製造及び販売(造り酒屋)

・石造り倉庫群の製造場は見学可能

・「地酒」に地域の特産品・土産品としての魅力を付加

 

茶中酒造

 

【人材育成の取組】

・社会人として必要不可欠な知識と教養、行いの習得及び酒造会社の社員として酒造りに関する専門的知識と技能の習得のため、「社員研修規定」に基づいて人材育成に取り組んでいる。

・「社員研修規定」では必修科目1として入社3年以内に販売士や酒造技能士など5科目を指定、その後、必修科目2としてさらに上級試験に取り組み、業務に反映できるよう専門性を深めていく。

・全社員向けの研修説明会を開催し、総務企画部の研修担当は常時社員の相談に応じアドバイスを行いながら、全社員の研修の進捗状況を常に把握。

・各部門では、上司が優先的に取り組むべき課題と取得すべき資格などを明確に指導することにより、各自が目標を持って積極的に学ぶ仕組みを構築している。

 

【メッセージ】   

・企業活性化の原動力は、何と言っても社員の活動です。無い無い尽くしの地域の中小企業において、優秀な社員は「育て上げる」のが最善の方法と考えています。社内で、まず一人前の社会人にし、それから優秀な社員に育て上げる。これが当社の人材育成の目標です。

 

 

 

 

 

 【団体名(市町村名)】                       

株式会社土谷製作所 代表取締役社長 土谷敏行 (札幌市) 

http://www.sapporo-tsuchiya.co.jp/

 

【概要】

・農業機械器具の製作販売 

・牛舎及び牧場施設の製作販売

・一般機械の製作販売

・暖房用ストーブの製造

・計量検定認定工場の指定

 

土谷

 

 【人材育成の取組】

・創意工夫の精神旺盛な人材を育成するため、本業の「モノづくり」だけでなく社会に貢献できる「ヒトづくり」にも積極的に取り組んでおり、次に掲げるOFF-JTの取組などを行っている。

  1 若手社員に対して、製品の利用者(取引先)である酪農分野の研修を実施

2 それぞれの担当業務において自分たちで考え行動に移すことを目的に研修を行う小集団活動

  3 各種団体、企業が主催するゼミナール、セミナーへの積極的な従業員の参加ほか

・業務に必要不可欠な技能の向上及び昇格基準などとすることを目的に、社内検定を実施している。検定項目としては、プレス、シャーリング、ムービングボルスタ操作、スポット溶接などがあり平成23年度は33科目を実施。

 

【メッセージ】

・当社では製造部、技術営業部、総務部の全従業員を対象に、提案・表彰制度を取り入れ、社員の積極的な業務改善の姿勢を評価しています。

・市民や学生を対象とした工場見学や若年技能者の技能向上のためインターンシップの受入を行っています。

 

 

 平成29年度 第6回受賞企業等

 平成28年度 第5回受賞企業等

 平成27年度 第4回受賞企業等

 平成26年度 第3回受賞企業等

 平成25年度 第2回受賞企業等