スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 労働政策局人材育成課 >  平成30年度北海道産業貢献賞(卓越した技能者)


最終更新日:2018年12月20日(木)


平成30年度北海道産業貢献賞(卓越した技能者)





 平成30年度北海道産業貢献賞(卓越した技能者)は、次の14名の方々が受賞されました。

氏名(年齢 職名 団体名・現住所 功績の概要

仲田和弘

 (49歳)

photo

調理人

株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメント

札幌市東区

 昭和62年から現在までの永きにわたり、寿司・日本料理・鉄板焼き等調理に従事し、平成21年に調理職種(日本料理調理作業)に係る技能検定に合格し、同年日本料理技能展コンクールで全技連マイスター会長賞を受けるなど、その技能は全国的な評価を得ている。また、平成17年から調理師専門学校の講師として後進の育成に尽力している。

鈴木 賢  (63歳)

ブロック
積工

株式会社よねざわ工業

札幌市豊平区

 昭和46年に北海道立札幌専修職業訓練校ブロック建築科入校、修了後ブロック積み見習いとして入社以来、現在までの永きにわたり、工事施工現場で技能を磨き、昭和58年に職業指導員、昭和62年にブロック建築(コンクリートブロック工事作業)1級を取得。平成元年に全北海道技能競技大会で、ブロック建築・1級組で1位となるなど、卓越した技能を身につけている。

髙須賀 亨(55歳)

photo

防水工 株式会社防水センター
石狩市
 昭和57年に防水工として入社以来、一貫してアスファルト系防水工事等の防水技術の向上に努めるとともに、技能検定実技試験の技能検定委員を務めるなど、防水技能者の技術向上と指導育成に尽力している。また、北海道アスファルト防水工事業協同組合の技術安全委員として、業界の防水技術の普及向上及び後進技能者の指導育成に尽力している。

福田 一夫
(52歳)

photo


建設用機械運転工

幸和運輸株式会社 
                         小樽市

 昭和63年に入社以来、現在までの永きにわたり、建設現場でコンクリート圧送施工工事の技能習得・研鑽に努め、平成22年に一級コンクリート圧送施工技能士の資格を取得した。また、北海道における圧送業界の高度な技術者として各種講習会では指導的な役割を果たし、次世代の担い手となる技能者の育成にも尽力している。

 大上 達也  (62歳)

photo

配管工

株式会社進興工業

苫小牧市

 昭和48年に配管工として入社し、以降上水、下水、給水、暖房工事に従事し、各現場に適した施工方法・手順を確立。配水管工事に使用する伸縮式仕切弁開閉棒を考案するなど、安全性及び作業効率の向上を図るほか、特に小口径から大口径までの配水管工事の技術は高く、配水管技能者として、後進の指導育成に尽力している。

中村 友和  (64歳)

photo

板金工 株式会社マルフジ

苫小牧市
 昭和54年に入社以来、現在までの永きにわたり板金工として技能の習得に精励し、建築板金(内外装板金作業)1級に合格し、ものづくりマイスターにも認定されている。特に現場での経験を活かしながら次の時代を見据え、業界でいち早くCADを導入し、寸法精度や材料の割付、施工方法をシミュレーションすることにより、現場工程数及び材料ロスの削減を実現した。また、地元技能士会役員として、後進の育成に尽力している。

 浅井 司   (57歳)

photo

理容師

カッティングサロンあさい

函館市

 昭和55年に理容店で理容師見習いとして6年間勤務後、渡米し、シカゴ市にて1年間の勤務により日本国内での理容技術に加え、米国での多彩な技術を習得。更なる技能向上に向け研鑽を続け、各種競技大会で上位入賞している。さらに理容美容専門学校の非常勤講師を務めるなど後進の育成にも尽力している。

坪内 繁  (72歳)

photo

内装
仕上工

有限会社 坪内美装
                          函館市

 昭和40年に入社以来、内装仕上工として、技能の研鑽に努め、昭和54年に表装(壁装作業)1級技能士、昭和55年に職業訓練指導員資格を取得し、平成11年に卓越した技能を表彰する渡島地方技能尊重運動推進協議会会長表彰を受賞した。表装技能士としての永きにわたる経験に裏打ちされた技能の優秀性は数多くの施工実績に示されており、また、技能検定委員を務め、技能士の育成及び技能検定制度の普及にも貢献している。

和泉 政義
(70歳)

photo

造園工 株式会社いずみガーデン

旭川市
 昭和41年に渡米し、アメリカの造園会社で働きながら、コミュニティカレッジの造園・園芸科を卒業した。帰国後も現在までの永きにわたり技能の研鑽に努めており、平成8年には職業訓練指導員や1級造園技能士の資格を取得している。また、平成23年には北海道技能士会会長より表彰されており、その技能の優秀性もさることながら、造園業界全般の技能向上にも貢献している。

中島 康夫
(69歳)

photo

塗装工

株式会社マツヤ塗装工業

旭川市

 昭和43年に塗装店に入社以来、技能の研鑽に努め、昭和60年に職業訓練指導員、平成13年に1級塗装技能士の資格を取得。特に水性塗料の普及に伴い塗装の目的である「保護」と「美装」を追求した知識・技能は業界からも高い評価を得ている。また、事業内訓練の講師として技能者の育成に尽力している。

 小林 猛  (75歳)

photo

配管工

住設コバヤシ

留萌市

 昭和38年に入社以来、現在までの永きにわたり配管工の業務に従事し、昭和59年には職業訓練指導員(配管科)、昭和60年には1級配管技能士、平成3年には1級管工事施工管理技士を取得しており、その卓越した技術は業界においても高い評価を得ている。また、平成11年より留萌地方総合技能士会の理事を務めるなど、技能士の社会的地位向上に尽力している。

伊豆倉 淳
(71歳)

photo

写真工 伊豆倉写真館

帯広市
 昭和37年に写真館に入館し、写真撮影、写真製作の業務に従事し技能の研鑽に努めてきた。フィルム時代からデジタル時代への転換にも見事に対応し、平成4年には写真(肖像写真作業)1級技能士の資格を取得しているほか、平成29年には全技連マイスターとして認定されるなど、その技術は高く評価されている。また、後進技能者の育成指導についても、北海道写真館連合会十勝支部長をはじめ日本肖像写真家協会北海道支部長を務めており、その活動を通じて後進の育成に貢献している。

池田 和明
  (67歳)

photo

ガラス
施工士

サッシ
施工士
株式会社池田商店

音更町
 昭和44年に入社以来、技能の研鑽に励み、昭和56年には北海道技能競技大会ガラス施工2級組1位、昭和57年に1級ガラス施工技能士及び1級サッシ施工技能士の資格を取得、昭和58年には1級技能士全国技能競技大会ガラス施工部門優秀賞を獲得するなど卓越した技能を内外に示していいる。また、平成29年にはものづくりマイスターに認定されるなど、業界における指導的役割を果たしている。

杉本 雅則

(60歳)

photo


板金工 有限会社杉本板金工業所

釧路市
 昭和52年に板金工として入社、昭和60年に建築板金(内外装板金作業)1級に合格するなど、その卓越した技術は高い評価を受けている。特に地域の歴史的建造物である神社仏閣建築物等の屋根工事施工にあたり、その優れた技量と信頼度は高く評価されている。また、昭和58年釧路高等技術専門校で指導員となり技能者の指導に携わるなど後進の育成に尽力している。