スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 労働政策局人材育成課 >  平成30年度 北海道産業貢献賞(認定職業訓練功労者)


最終更新日:2018年12月20日(木)


平成30年度北海道産業貢献賞(認定職業訓練功労者)



 平成30年度北海道産業貢献賞(認定職業訓練功労者)は、次の6名の方々が受賞されました。

氏名(年齢) 職名 団体名・現住所 功績の概要

近藤 寛    (64歳)

photo


 

副会長

職業訓練法人岩見沢地方職業訓練協会

岩見沢市

 昭和60年岩見沢地方高等職業訓練校に建築設計科が認定されると同時に指導員に就任、将来を見据え建築製図にコンピューターCADシステムを導入、新たな時代に向けた技能士の育成に取組み、現在でも副科長として訓練生の指導にあたっている。平成20年に職業訓練法人岩見沢地方職業訓練協会の副会長に就任し、現在に至るまで永年にわたり当協会運営の中枢を担い、地域産業の基幹職種である技能者の育成に努め、地域の認定職業訓練の発展に大きく貢献している。

池上 宏則   (58歳)

photo

会 長 職業訓練法人札幌左官職業訓練協会

札幌市中央区
 平成12年に札幌左官高等職業訓練校の運営母体である札幌左官職業訓練協会の理事に就任、平成26年からは、札幌左官職業訓練協会の会長として重責を担っているとともに、平成20年から現在に至るまで同訓練校の校長として後継者の指導育成にあたっている。また 37年間左官技能技術の研鑽に精励し、職業訓練指導員(左官科)資格を取得し、後継者の技能向上、育成に尽力している。

山本 芳春   (57歳)

photo

副校長 札幌高等技術専門校

札幌市白石区
 平成13年に職業訓練指導員の資格を取得。札幌市建築業組合に加入し型枠の指導員兼分散実技担当事業主として札幌高等技術専門校の生徒を受け入れ、鉄筋コンクリート施工科の技能後継者育成に尽力してきた。また、分散実技のみならず集合訓練にも参画し、訓練生を受け入れ指導育成してきた。平成29年には、札幌高等技術専門校の副校長に選任され、若年技能者育成のため尽力している。

 宮﨑 光由   (66歳)

photo

会 長 職業訓練法人恵庭地方職業能力開発協会

恵庭市
 平成16年5月恵庭地方能力開発協会の理事に就任以来、卓越した識見と旺盛な責任感を発揮し、平成22年5月から2年間、協会が運営している認定職業訓練校「恵庭技術工学院」の学院次長、平成24年5月から平成28年5月までの4年間は、学院長を務め、認定職業訓練に関する優れた識見を活かし、訓練の振興及び技能者育成に尽力し、学院の充実・発展に貢献している。また、平成28年5月から恵庭地方職業能力開発協会の会長を務め、当協会の事業運営に深く携わり、協会の振興と地域産業の発展に多大な貢献をしている。

 小西 義人   (57歳)

photo

副会長

職業訓練法人函館総合建設訓練協会     
            北斗市

 平成8年4月から函館総合建設高等職業訓練校の実技指導員として永きにわたり若年技能者の指導育成にあたる。また、職業訓練法人函館総合建設訓練協会では平成19年から監事、平成23年から理事、平成25年から副会長として永年にわたり事業内職業訓練校の運営に参画し、職業訓練校の財政基盤の確立、指導員の資質の向上、訓練生の確保、カリキュラムの充実、設備の整備改善等に積極的に取り組んでおり、建設業の人材育成を担う職業訓練の実施に貢献している。

 金子大志郎   (46歳)

photo

指導員 釧路高等技術専門校

釧路市

 平成2年から釧路高等職業訓練校(現釧路高等技術専門校)に入校し、卒業後も実務に奨励し建築大工としての技術と経験を積み重ねた。磨き上げた技能習得の結果、平成11年に1級建築大工技能士となり、平成26年にものづくりマイスターに認定されている。また、平成10年に職業訓練指導員の資格を取得して、釧路高等技術専門校の木造建築科の指導員となり、現在は副科長として、永きにわたり多くの若年技能者の指導に尽力している。