スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 労働政策局人材育成課 >  平成28年度北海道産業貢献賞(卓越した技能者)


最終更新日:2016年11月24日(木)


平成28年度北海道産業貢献賞(卓越した技能者)





 平成28年度北海道産業貢献賞(卓越した技能者)は、次の17名の方々が受賞されました。

氏名(年齢 職名 団体名・現住所 功績の概要

白井  浩
(53歳)

調理人

株式会社なだ万

札幌市中央区
 昭和57年より、関東、関西などで調理師として日本料理一筋に技術の研鑽を重ね、伝統を守りつつ諸外国の料理の要素を取り入れた調理法の考案にも余念が無い。また、後進の指導育成にも力を入れており、本道の各専門学校における非常勤講師や専門調理師調理技術技能評価試験の検定委員を努めるなど、後進の育成や若手技能士の輩出にも活躍している。

佐藤  忠
(60歳)
佐藤 忠氏

表具師

株式会社美巧堂

札幌市北区

 昭和57年に入社して以来、表具全般と内装工事技術の習得と技能の研鑽に努めており、平成15年には技能グランプリで3位を受賞するなど、高い評価を受けている。また、後進の育成指導についても、職業訓練指導員として指導にあたっているほか、首席技能検定委員を務めるなど、永年培った技能を活かして技能の伝承による技能士の育成等に積極的に取り組んでいる。

原  孝男
(73歳)
原 孝男氏

写真工 株式会社原スタジオ

札幌市西区
 昭和50年に入社し、写真撮影、写真制作の業務に従事し技能の研鑽に努めてきた。フィルムからデジタルへの転換にも見事に対応し、全技連マイスターとして認定されるなど、その技術は高く評価されている。また、後進技能者の育成指導についても、職業訓練指導員として指導にあたるほか、技能検定試験の検定委員を務め、多くの優れた技能士の輩出にも寄与するなど、大きく貢献している。

大上 正一
(65歳)
大上正一氏

配管工

株式会社進興工業  
                         苫小牧市

 昭和47年に入社以来、配管工として44年間一貫して、各種の管工事等に従事し、多種多様な現場状況に対応できる知識と技能を身につけ、特に給排水装置工事についての技術の優秀性は業界の第一人者として高い評価を受けている。また、苫小牧管工事業協同組合技術委員長や苫小牧地区配管技能士会会長として、業界の先頭に立ち後進の指導育成にも尽力している。

 合田 富重
(59歳)
合田富重氏

屋根ふき工 有限会社合田板金工業

登別市
 昭和51年に入社以来、建築板金工として40年間一貫して技能習得に励み、品質の高い住宅の提供に向けた工事の提案をしており、特に陶器瓦施工のスガモリ対策の板金技術を考案するなど技術開発に熱心に取り組んでいる。また、職業訓練指導員として技能検定に向けた技術指導を行うなど、若手技能者の指導育成にも大きく尽力している。

綿谷 賢一
(59歳)
綿谷賢一氏

金属工作機械工 株式会社日鋼機械センター

登別市
 昭和50年に入社以来、金属工作機械工として旋盤加工業務に従事し、大型数値制御(NC)旋盤を活用しての高精度を要求される製品を製造し、特級機械技能士に認定されるなど、その技能は高く評価されている。また、その豊富な経験・知識と卓越した技能を基に、技能検定試験における検定委員として尽力し、多くの技能士の輩出に貢献している。

田中 修司
(69歳)
田中修司氏

菓子製造工 有限会社龍栄堂

函館市
 昭和44年に和菓子製造工として業界に入り、以来47年の永きにわたり、技能の研鑽に努め、平成6年には全国菓子大博覧会で技術優秀賞、平成14年には同博覧会で栄誉大賞を受賞するなど、特に工芸菓子作りにおける第一人者として高く評価されている。また、現場での若手職人の育成はもとより、専門学校における育成指導にも励み、多くの優秀な菓子職人の輩出に貢献している。

田原日出旗
(54歳)

調理人

海鮮料理海光房
                          函館市

 昭和58年に調理業界に入り、以来33年を超える永きにわたり、和食調理の技能の研鑽に励んでおり、特にふぐの調理や処理に関する知識及び技能は、高く評価されている。また、所属する団体の料理研究部長として会員の料理コンクール参加に際して指導を行い、全道大会での入賞につなげるなど、後進の育成にも積極的に取り組み優れた調理人の輩出にも貢献している。

平田 昭市
(55歳)

屋根ふき工 平田板金工作所

函館市
 昭和55年に入社以来、屋根ふき工として36年間一貫して技能の研鑽に励むとともに、屋根上の作業の効率化のための作業法を改善するなど創意工夫を重ねている。また、職業訓練指導員として技能士の育成に大きく貢献しているほか、函館建築板金事業協同組合の代表理事を務めるなど、業界の発展に寄与している。

小川 幸雄 (73歳)
小川幸雄氏

屋根ふき工 小川板金工業株式会社

旭川市
 昭和36年に入社して以来、板金工として55年間の永きにわたり、建築物の板金業務に関する技能研鑽に励んでおり、特に風雨や雪に対する金属屋根の被害を最小限にすべく考慮した技法は高く評価されている。また、職業訓練指導員として技能士の育成に貢献しているほか、技能検定の補佐員などとして、後進の技能向上にも大きく寄与している。

 北原  勵
(69歳)
北原 勵氏

とび工  北原建設株式会社

旭川市
 昭和40年にとび工として入社以来、51年間とび土木工事一筋に技能の研鑽に励み、特に既存建造物の持ち上げや移動をする曳舞工事においては、基礎共移動工法を改良し高い評価を得ている。また、団体の委託講師として後進者の技能水準の向上に向け指導を行っているほか、首席技能検定委員として後進技能士の輩出にも多大な貢献をしている。 

 高木  均
(66歳)
高木 均氏
 

木製建具製造工   有限会社杏和建具

旭川市
 昭和41年に入社し、以来50年間にわたり木製建具製造工として、業務に従事、技能を磨いており、特に伝統的な技術を活かしながら、現代に合う和の文化を創造した製品の製作技能は第一人者として高く評価されている。また、首席技能検定委員や道立旭川高等技術専門学院での講師として人材の育成についても大きく貢献している。

吉田 信治
(69歳)
吉田信治氏
 

塗装工  旭川建装株式会社

旭川市
 昭和37年に入社以来、塗装工として54年にわたり業務に従事し、技能の研鑽に努めてきた。特にシックハウス対策としての水性塗料の普及に伴う寒冷地での塗料の取扱について研究し、施工方法を創意工夫したことは業界の技能向上に大きく寄与した。また、職業訓練指導員や首席技能検定委員として、多くの若手塗装工の指導育成・技能士の輩出に尽力している。 

大舘 輝夫
(68歳)
大舘輝夫氏

板金工

有限会社大舘板金製作所

留萌市

 昭和42年に入社以来、50年にわたり板金工として建築板金の業務に従事し技能の研鑽に努めており、特にステンレスシーム溶接などの屋根防水工法に卓越しており高い評価を得ている。また、留萌地方高等職業訓練校の指導員を努めたほか、技能検定試験においては主任検定委員として多くの若年技能者の輩出に積極的に取り組んでいる。

田中  功
(68歳)
田中 功氏

板金工 田中板金加工所

帯広市
 昭和48年に入社以来、43年にわたり板金工として技能の研鑽に励み、新屋根材や最新技術を導入するとともに、特に屋根葺き作業のフラット工法においては、施工の際の専門道具の改良などを行い、リスクの少ない施工法を広めた。また、認定職業訓練校では訓練科長として熱心に指導に取り組み、後進技能者の輩出に大きく寄与している。

木曽 勝義
(58歳)
木曽勝義氏

鉄筋工 株式会社シバタ鐵工業

釧路町
 昭和52年に入社以来、39年にわたり鉄筋ガス圧接工として技能の研鑽に励み、その高い技能を活かし、鉄筋加工・組立における自動機の導入、鉄筋ガス圧接では半自動機の導入に尽力し、生産性の向上に貢献してきた。また、この確かな技能を評価され、職業訓練指導員として後進の指導を任されているほか、技能検定委員としても若年技能者の指導にあたり、業界の発展に大きく寄与している。

寺西美佐男
(64歳)
寺西美佐男氏

大工 寺西建設

中標津町
 昭和42年に入社して以降、50年間にわたり一貫して、建築大工として業務に従事し、たゆまぬ努力により卓越した技能の研鑽に励んでおり、特に墨付け、鋸や鉋の技能については、その精巧さが高く評価されている。また、職業訓練指導員として後進の指導育成にも尽力し、多くの秀でた技能者の輩出に大きく貢献している。